My Photo
無料ブログはココログ

« 「外資系コンサルの知的生産術」 | Main | パリの恋人 »

2019.11.30

「ミャンマーの柳生一族」

ミャンマーを日本の江戸時代の政治状況に喩えている部分は、やや滑り気味だと思うが、それでもミャンマーについては色々と学ぶことができるし、ミャンマーの人々の魅力が伝わってくる。

例え鎖国していても、国内に多種多様な文化があるから、逆に外国人に対してもオープンなのではないか?という著者の主張はなるほど、と思えた。

« 「外資系コンサルの知的生産術」 | Main | パリの恋人 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「外資系コンサルの知的生産術」 | Main | パリの恋人 »