My Photo
無料ブログはココログ

« 富士山 | Main | 意外な同窓生 »

2007.08.01

サイモン・シン「暗号解読」

<暗号解読〈上〉 (新潮文庫)フェルマーは終着点が一つだったので、そこに向かって多くの人々の運命が関わっていく様子がドラマティックで感動的だった。

それに比べると暗号というくくりでは運命の糸のつながりというものが実感できず(つなげようという著者の意図は感じたけど)、普通に暗号の歴史を紹介する本として楽しめた。

あと昔に、たぶんこの本の元になったテレビ番組をみたことがあったので、「コロッサム」の話とかすでに知っていたというのもあまり感動できなかった一因かもしれない(そのテレビはとても印象に残った)。

« 富士山 | Main | 意外な同窓生 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サイモン・シン「暗号解読」:

« 富士山 | Main | 意外な同窓生 »