My Photo
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2019.04.30

auからUQへのMNP

最終的には、そういう契約だし納得するしかないのだけど、今後のためにメモを兼ねて。
(と言ってもまた数年後には色々と変わってる気もするけど)

長女がこの春から就職して一人暮らしを始め、自分で携帯電話費用も払うのでauから安いUQにMNPで乗り換えることになった。
解約できるのがちょうどこの4月からで、10連休に帰省するのでそこで手続きをすることにした。

27日にauでMNP予約番号をとって、UQのウェブでUQのSIMを注文。
(ただ、SIMのタイプがiPhoneだと「マルチSIM(nano)」と書いてあるのに、SIMの選択対象には「マルチSIM」と「nanoSIM」しかなく迷う。チャットサポートで教えてもらったが、マルチSIMというのが複数のサイズになるSIMで、(nano)というのは、それをnanoのサイズで使う意味だという表記は不親切と思う。)

これで普通に考えると月末までには乗り換えられるかと思っていたし、この時点でauの解約時の精算のルールがこれほどひどいものだということに全く気づいていなかった。auのMNPの重要事項説明で言ってたのかもしれないけど、まさか次の月になると思ってなかったから他人事と思ってたのだろう。

が、まずUQがSIMの配送をしたのが28日の午後。それでもまだ29日中には届くだろうと思っていた。
さらに、今度はUQの配送業者の佐川急便で荷物がまる1日動かない。これが10連休の影響なのかわからないけど…。

結局届いたのは30日の20時25分。
この時点でようやく回線切替はどのタイミングでやるのがいいのだろう?とウェブで調べたら、なんとauを解約するのは絶対月末!となっている。なぜかというと、auは解約時には基本日割されず、かつ解約月は割引が適用されないということで、1日でも次の月に入ってしまうと1ヵ月分の料金を割引なしで支払う必要があるとのこと。(数年前までは翌月1日だけは免除されてたらしいが廃止された)

ただ自分の場合は、もうSIMは届いていたしギリギリ助かった!とほっとしながら、のんびりとSIMカードをiPhoneに差し替え、さて回線切替を…とUQのウェブでやろうとしたら、受付時間が20時30分までとなってる。その時点で20時45分くらいだったか。

回線切替しなくてもauだけ回線止められないのか?と調べてみたけど、自動切替で申し込んだ時点で、もうどうしようもないらしい。auのチャットサポートでも聞いてみたけど、同じ回答、ということで詰んでしまった。
解約違約金を回避できたと思っていたら、今度はこんな罠があったとは…(MNPの重要事項説明を聞き逃した自分が悪いとはいえ)。

佐川急便が20時25分に配達した時点で、たとえauの契約内容を知っていたとしても回避できなかっただろうし、かと言って長女が帰省するタイミングからすると27日しかないし、また違約金を取られない月は4, 5月だけだしで、自動切替だとどうしようもなかった。
ネットで調べたら、自動切替でない方法でauを止めてしまう乗り換え方もあるようで、それが唯一の正解だったのかもしれない(それでも2-3日電話が使えなくなるのだが)。

どこのキャリアも同じなのだろうけど、不要なオプションを盛ろうとしたり、こういううっかりした人から金を巻き上げる仕組みは何とかならないものだろうか。

2019.02.24

ハーフマラソン

Untitled昨年に続いて、今年もまた地元のハーフマラソン大会に出た。

朝から雨が降っていて、服装をどうしようか(何か水をはじくものを着た方がよいのか?など)迷ったが、天気予報では小雨でやんでくるとのことだったので、普段通りの服装で行くことに。他のランナーを観察するとレインコートをきている人やビニール袋(ただ首や腕の部分がキレイにくり抜かれていたので、そういうものが売っているのか?)を着ている人が1/4ほどはいたか。ビニール袋?の人は雨がやんできたときに捨てたりもしていた。

前回の反省点は以下の二つ
・スタート位置は自分の正直なタイムで並ぶと、周囲はそのペースより遅かった→目標タイムのあたりに並ぶ
・ゴール近くでガス欠になった→途中でエネルギー補給をする
実はもう一つあったのを忘れていて、それは更衣室などが激混みなので時間に余裕を持っていくことだったのだが、今回送迎バスを使ったところ渋滞がひどく本当にギリギリになった。
高校の同級生とスタート前に記念撮影を、なんて話をしてたのに自分は参加できず(笑)

すでにギュウギュウ状態のスタート位置で今回は気後れせずに目標タイムのあたりに潜り込んだ。スタート直後は結構まだ降っていて、走っているうちに靴の中に水分を感じるようになってきてコンディションは悪い。ただスタート位置のおかげで今回はやや早めのペースで序盤を走ることができた。

Untitled少しすると、自分より早い人たちと、遅い人たちの間が結構広がってきて、自分のペースで走ることができてよかった。雨も止んできて、終盤には携帯したエナジージェルで補給して無事ゴール!(それでも最後の方はコースがやたらクネクネしてて、少し早めにスパートしてしまってバテた)

かなり手応えを感じたが、タイムを見ると昨年から2秒しか短縮してない(笑)順位は結構上がっていたので、コンディションのためということにしておく。

今回も本当に楽しかった。また来年も出たい。

昨年は気づかなかったが、写真撮影サービスというものがあって、定点(3箇所くらいか)で写真を撮影して後でインターネット上で自分の写真を買うことができるというもの。そんな大量のものからどうやって探すのだろう?と思ってたらどうやらゼッケン番号で画像認識しているようで、自分のゼッケン番号を入れると候補の写真が表示される。なかなかよくできてる。
レインコートを着ていたりして不明瞭な番号(一部が一緒の番号)の他人の写真も入ってたけど、かなり正確に認識しているみたいだった。人がやってたとしたら、それもビックリだけど。靴につけたタグと連動したらもっと正確になるのかも。

AppleWatchは変わらず快適だったが、Nikeのアプリが少し前から不安定で練習中に気がついたら落ちていることがあって、そこがいらん心配になってた。本番では大丈夫だったもののNikeアプリから離れたい…。ただ過去のデータ移行手段が全くなさそうなので囚われの身のまま。

Untitledあと、後日のことだけどシューズの紐がよくほどけるのでCool Knotというものにしてみたら、紐で締めるよりもしっかりと締めることができ、実はこのシューズはすごい走りやすいということが実感できた。かかとが厚底になっていてスムーズに足が前に出る感じ。紐を手で結んでいた時は何となくゆるく締めていて、靴の中で足が動いていた感覚だった。今までもったいなかった(笑)

Cool Knotも確かに紐を結ばずに脱ぎ履きも楽で、見た目は別として、今のところ満足。

2018.10.18

Apple WatchでSKiP

Untitled社外研修で松山、Apple Watch使い始めてから初めての飛行機だったので、今まではICカードを使ってたところを、Apple Watchを試してみた。

ANAアプリをインストールして(iPhoneだけに入れるのでもよかったはず)、予約確認からWalletにパスを追加すると、Walletアプリで搭乗券(QRコード)が表示される。
搭乗時間の少し前になると、Apple Watchの通知画面に常にWallet通知が表示されるので、それをタップするとApple WatchのWalletアプリに切り替わって、やはりQRコードをWatch画面に表示できる。

なので、財布もICカードもiPhoneも取り出すことなく、保安検査場、搭乗と進むことができる。これは便利だった!
伊丹空港にあったスマートレーンだとQRコードをかざすところと、検査場との間があいていたので問題なかったが、そうでないとQRコードをかざしてすぐにWatchを外してトレイに置く必要があって、少し戸惑う。

変わらず、Apple Watchには満足してるけど、やっぱりseries 4が欲しい!

2018.03.31

Apple Watch 3ヶ月

Apple Watchを3ヶ月ほど使った時点でのレビューを。

相変わらず満足度は高くて、楽しく使っている。

Img_3336最近便利だ(けど今ひとつなところもあり)と思っているのはIFTTTのボタン機能。
iPhoneでは位置情報に連動させて帰宅時間のログをとったりしてたが、完全自動ではなくボタンをトリガにして何かの動作をさせることができる。
ボタンはiPhoneだとウィジェットにIFTTTを追加するとそこで押せるが、WatchだとIFTTTアプリにするとボタンが表示され、デジタルクラウンで目的のボタンを選んで画面を押せば良い。
何かの記録をGoogle SpreadSheetやEvernoteに日付とともに追記していったりすることもできるし、位置情報とともにLINEの指定したグループに送信することもできる。

帰宅するときにこれを押して現在位置とともに家に知らせるなどに使える。
自作の「大人飲み支援LINE bot」に連動するようにしたかったのだが、IFTTTがLINEにメッセージを送信する際には(1)グループにしか送信できない(2)送信者はIFTTTになる、という制約があって、今のところLINE botの開発者アカウントではグループに参加できないみたいで、うまく行かない。

Img_3335対応アプリが少ないと書いていたが、最近見つけた中で気に入っているのが電卓。

それほど使うものではないが、腕時計で計算できるのが何か嬉しい。
ただ、これ昔からCASIOのデジタル時計でできてたけど。

ふと今でもあるのだろうか?と思って探してみたらすごいのを見つけてしまった!
このゴールドウォッチ!これは結構マジメに欲しい(笑)

Img_3337最近、Watch OSが4.3になって、(昔はできてたらしいが)iPhoneの音楽再生に対応して、さらに便利になった!

2018.02.17

Apple Watchとハーフマラソン

IMG_3289Apple Watchのおかげという訳ではないが、初のレース、と言ってもハーフマラソン大会、を無事完走した!

地元の地味な大会と気軽に参加したけど、思った以上に人が多くて驚いた。
スタート位置は自己申告でおおよそのタイム毎で並ぶのだが、スタートしてわかったのは、みんな目標タイムで並んでいるようで、自分よりみんな遅い!これを抜けるのに意外に体力を使ったのか、最後の2kmは完全にエネルギー切れのようになって練習の時よりもかなりしんどかった…。

でも走り終えて、参加者に配られたアミノサプリとバナナが本当に美味しかったし、何より楽しかった。
次はフルマラソン!という気持ちもチラッとあるけど、ハーフでも練習で20km走るとなると2時間は練習に費やすことになり、他にもやりたいことがある中でこの時間がちょうどくらいかも。

さて、Apple Watchだが、前回書いたとおり腕にiPhoneつけて走るより、距離やペースをいつでも確認できるのが便利だった。心拍数を分析して…ということはないけど(笑)後でみて、最後の2kmくらいは心拍も上がってないままエネルギー切れのようにペースも落ちたのはよくわかった。

NikeアプリはiPhone版は腐ってる!と言いたくなることがよくあったけど、Watch版は今のところ全く問題ない。
下はウェブ(PC)でこのハーフマラソンのデータを確認したところ。
ペース(緑)、高度(青)、心拍数(赤)がよくわかる。

Half Marathon

2018.01.13

Apple Watch ファーストインプレッション

IMG_3279セルラーモデルが出たらApple Watchを買って、それだけしか使わない!などと宣言していたこともあって、Apple Watch Series3をとうとう買った!

最後までアルミかステンレス、セルラーモデルにするかどうか、悩んでたが、実物をみてステンレスしかないと思い(理由は後で)、自動的にセルラーモデルになった。

1週間ほど使ってみたので感想を。長いですが。

まず現時点での結論は、すごく満足している。ただ購入する前に考えていたメリットについては思惑どおりではなく、それ以外の部分で予想外に気に入っているという状態。

○思惑が外れたところ、今ひとつなところ:

- あらゆる場面でiPhoneを取り出すよりも簡単に扱えるだろうと思っていたが、電車でつり革を持ったまま使おうとしてすぐに気づいた。「片手では操作できない…」(アホですが 笑)
画面を確認するのは左手を上げるだけでできるけど、そこから何か操作しようとすると右手が必要となる。左手でつり革を持ちつつ右手で操作もできなくはないけど…。

- セルラーモデルApple Watchだけでほぼ完結すると思っていたが(事前にバッテリの都合から長時間iPhoneから離れられないのは知ってた)、意外にApple Watch単体動作に対応しているアプリが少ない。Google MapとかTwitterとかLINEとか、アプリがあると思ってたらいずれも提供されなくなったり、Facebookのように未提供だったり。Apple Watchなんて、まだまだアーリー・アダプターしか使っていない状況なので仕方ないけど。Appleのアプリは当然対応しているので、TodoはGoogleからAppleのリマインダーに乗り換えた。そもそもApple WatchでTwitterとかしたかったわけではなかったのでいいのだけど、もう少し色々とアプリが出てきて欲しい。

- Apple Watchの電池のもちは、だいたい想定どおり。普通の使い方だと2-3日は持ちそう。一方でiPhoneの電池が以前よりは早く減る。BluetoothでWatchと通信しているからだろう。これまで1日使って80%切るくらいだったのが70%は切るようになった。今は問題ないけど電池がヘタってきたらしんどそう。

- 時々落ちる。2日に1回くらい、勝手に再起動がかかっていることがある。

- SuicaはWatchに移行したけど、一度JRの改札で読み取れず(改めてコツッと当てるとちゃんと読めた)、まだ少し怖い。


◯満足しているところ

- ランニングしてることもあって、心拍数を測ってみたいというのもApple Watchを買った一つの理由だったが、やはりこれは便利。20kmくらいをiPhoneは持たずApple Watchだけで走ってみたが余計なものを腕につけずに走れるのは快適で、走りながら距離や心拍数を簡単にチェックできるのも楽しい。ちなみにこの時でApple Watchの電池は44%くらいになったので、フルマラソンをApple Watchだけで走るのは厳しそう。

- 前項に関連して、アクティブトラッカーとしてみたときに色々な指標を提示してくれる。iPhone7でも計測できるものも多いけど、肌身離さず身に着けているApple Watchだからこそのものもあって、おもしろい。

Img_3282- 特にAppleのアプリだが、Apple Watch対応しているものは予想以上に使える。小さい画面だしあまり情報量はないと思ってけど、例えばこの天気予報みたいに1時間毎の予報まで確認できる。他にも予定やリマインダー、株価などもiPhone不要でいける。

- 何より、ステンレスケースとベルトのデザインを気に入ったこともあって機能以前に、腕時計として使ってみたときの満足感が高い。その上で画像が動く文字盤や、前述したような機能が使えるのだから、今のところは本当に満足している。

繰り返しになるが、まだまだいけてないところはあるものの、それを上回る魅力があって、大満足。
ただスマホがいらなくなる、というレベルには到達しておらず(音声インタフェースを堂々と使えるように世間の空気が変わるとまた違ってくるが)、誰にでも勧められるものではない。

そういう点も含めて、iPhone3Gを買ったときのことを思い出させてくれる、ワクワクするものだった。


2017.09.27

Fire 7 タブレット

image7月のAmazonのセールで3,480円になってたので、つい買ってしまった。
家にiPadは2台あるけど(1台は初代なのでほぼ使ってない)、家族共有なので持ち出すタブレットの使い勝手を試したかったというのもあった。

カバンに入れるのでやはりカバーは必要ということで、本体価格に見合うのをつけてみた。色が派手なのは黒いバックパックの中に入れた時に黒いカバーだと見えなくてすぐ取り出せないことを、今使っているKindle Paperwhiteで学んだから。

使い始めて2ヵ月半くらいで、今のところ期待以上に満足している。
確かに動作はもっさりすることもあるし、液晶もiPad/iPhoneなど高級機種に比べると見劣りする。けど本を読む、Amazonビデオをみる、という用途であればそれらも気にせず使える。

カラー表示はやはり読みやすいし(Paperwhiteの良さもあるけど)、画面も大きくて新幹線で映画を観ることもできる。意外に便利なのがこのカバー。カバーの開閉で電源ON/OFFするのがこれほど快適とは思わなかった。

もう少し画面が綺麗でもいいかな、とか、これだけ便利なのだし3G内蔵もいいな、とかだんだんと贅沢な望みが出てくるけど…。

2017.07.17

VRゴーグル

imageVRコンテンツが結構あることと、VRゴーグルは安い製品もたくさんあることに気がついて、買ってみることにした。

最初に買ったのは見た目しっかりしたプラスチックの製品。1,000円ちょっとのわりにピント調整機能も付いてて、これで十分という感じ。VRコンテンツとしてはGoogle Spotlight Storiesが、よかった。そのほかにもVR Roller Coasterなんかもよかった。少し変わったものではSonyが映画PixelsのゲームとしてリリースしていたVRのPac-man(タイトルはPixelsだけど、今はなぜか見つからない…)。

当然、Google Street ViewでVRに対応している場所もたくさんあって(ベルサイユ宮殿とか軍艦島とか)、それもよいのだが、ここで問題が。Google Street Viewの場合、移動できることを表す矢印が出た状態で画面の中央をタッチすることでそちらへ移動できるのだが、このVRゴーグルにiPhoneをセットしていると画面をタッチすることができない。
いろいろ調べてわかったのだが、GoogleのCardboardではゴーグルの横にボタンがついていてこれを押すと画面をタッチできるようになっているのだった。

やはり自由に移動できないと、ということで今度はCardboardベースのものも買うことに。700円程度(設計図は公開されているので自分で作る手間をかければもっと安く作れる)だったが思ったよりちゃんとしていて、移動もできるようになって快適だった。

最初に買ったのはこれ。

○価格の割にしっかりしてる
○ピントの調整はしやすい
×ボタンが押せない
×スマホを挟む方式だが、これがきつくてカバーをつけたiPhone7だと取り外しに力が必要

次に買ったのがこちら。

○ボタンが押せる
×ピントの調整がついていないのでスマホの取り付け方で調整するしかない。ただ距離をとるとボタンが押せなくなるなど調整にコツが必要。
×先のものに比べてやはり作りはちゃっちいし、グラスもあまりよくない。

ということで、ボタンのついたプラスチック製のまともなVRゴーグルがあればよいのに。

2016.12.18

Amazonプライム

お急ぎ便なんてあまり使うことないし、送料も最近はヨドバシ使う方が便利やしなぁ…とずっと見送り続けてきたAmazonプライム。
(ちなみにヨドバシの店舗受け取りシステムは商品によっては30分で指定店舗に取り寄せられたりもするので、出張の合間で予約して来店して受け取れたりする。すごい便利)

ただ、見る時間がないという理由もあってCATVを通常放送だけのコースに変更してから、やはりプライムビデオだけは気になってた。あとたまにプライム会員先行のタイムセールで欲しいものが出てるのも。

で、12/5までの期間限定で初年度会費が1,000円引きというキャンペーンに背中を押されてとうとう入会した。
すると、入会翌日にはAmazon Dashが日本でも開始され、Fire Stick TVもプライム会員価格で入手して、「高い城の男」が日本でも配信開始!
まあ、まさにamazonのシナリオ通りに、「入会してよかった」という気分に浸されているだけですが…。

Dashはまだ欲しい製品のがないので様子見中。

2016.12.03

ApplePay, Suica

20161203_20_57_02駅の売店でApplePayを使いたい!コーポレートカードも登録したい!ということで、結局モバイルSuicaアプリを入れて会員になって(ApplePayだと年会費無料とのこと)、SuicaをApplePayに登録した。
モバイルSuicaに紐付けるクレジットカードとしては無事コーポレートカードが登録できた。

チャージは必要になるけど、出張の前にアプリ上でクレジットカードからチャージしておけば、iPhone7だけで売店で買い物したり、改札を通ったりできる。
まだ買い物は試せてないけど、改札を通るのは本当に楽。

繰り返しになるけど905SHでできてたこと…。

より以前の記事一覧