My Photo
無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2019.04.30

auからUQへのMNP

最終的には、そういう契約だし納得するしかないのだけど、今後のためにメモを兼ねて。
(と言ってもまた数年後には色々と変わってる気もするけど)

長女がこの春から就職して一人暮らしを始め、自分で携帯電話費用も払うのでauから安いUQにMNPで乗り換えることになった。
解約できるのがちょうどこの4月からで、10連休に帰省するのでそこで手続きをすることにした。

27日にauでMNP予約番号をとって、UQのウェブでUQのSIMを注文。
(ただ、SIMのタイプがiPhoneだと「マルチSIM(nano)」と書いてあるのに、SIMの選択対象には「マルチSIM」と「nanoSIM」しかなく迷う。チャットサポートで教えてもらったが、マルチSIMというのが複数のサイズになるSIMで、(nano)というのは、それをnanoのサイズで使う意味だという表記は不親切と思う。)

これで普通に考えると月末までには乗り換えられるかと思っていたし、この時点でauの解約時の精算のルールがこれほどひどいものだということに全く気づいていなかった。auのMNPの重要事項説明で言ってたのかもしれないけど、まさか次の月になると思ってなかったから他人事と思ってたのだろう。

が、まずUQがSIMの配送をしたのが28日の午後。それでもまだ29日中には届くだろうと思っていた。
さらに、今度はUQの配送業者の佐川急便で荷物がまる1日動かない。これが10連休の影響なのかわからないけど…。

結局届いたのは30日の20時25分。
この時点でようやく回線切替はどのタイミングでやるのがいいのだろう?とウェブで調べたら、なんとauを解約するのは絶対月末!となっている。なぜかというと、auは解約時には基本日割されず、かつ解約月は割引が適用されないということで、1日でも次の月に入ってしまうと1ヵ月分の料金を割引なしで支払う必要があるとのこと。(数年前までは翌月1日だけは免除されてたらしいが廃止された)

ただ自分の場合は、もうSIMは届いていたしギリギリ助かった!とほっとしながら、のんびりとSIMカードをiPhoneに差し替え、さて回線切替を…とUQのウェブでやろうとしたら、受付時間が20時30分までとなってる。その時点で20時45分くらいだったか。

回線切替しなくてもauだけ回線止められないのか?と調べてみたけど、自動切替で申し込んだ時点で、もうどうしようもないらしい。auのチャットサポートでも聞いてみたけど、同じ回答、ということで詰んでしまった。
解約違約金を回避できたと思っていたら、今度はこんな罠があったとは…(MNPの重要事項説明を聞き逃した自分が悪いとはいえ)。

佐川急便が20時25分に配達した時点で、たとえauの契約内容を知っていたとしても回避できなかっただろうし、かと言って長女が帰省するタイミングからすると27日しかないし、また違約金を取られない月は4, 5月だけだしで、自動切替だとどうしようもなかった。
ネットで調べたら、自動切替でない方法でauを止めてしまう乗り換え方もあるようで、それが唯一の正解だったのかもしれない(それでも2-3日電話が使えなくなるのだが)。

どこのキャリアも同じなのだろうけど、不要なオプションを盛ろうとしたり、こういううっかりした人から金を巻き上げる仕組みは何とかならないものだろうか。

2018.10.18

Apple WatchでSKiP

Untitled社外研修で松山、Apple Watch使い始めてから初めての飛行機だったので、今まではICカードを使ってたところを、Apple Watchを試してみた。

ANAアプリをインストールして(iPhoneだけに入れるのでもよかったはず)、予約確認からWalletにパスを追加すると、Walletアプリで搭乗券(QRコード)が表示される。
搭乗時間の少し前になると、Apple Watchの通知画面に常にWallet通知が表示されるので、それをタップするとApple WatchのWalletアプリに切り替わって、やはりQRコードをWatch画面に表示できる。

なので、財布もICカードもiPhoneも取り出すことなく、保安検査場、搭乗と進むことができる。これは便利だった!
伊丹空港にあったスマートレーンだとQRコードをかざすところと、検査場との間があいていたので問題なかったが、そうでないとQRコードをかざしてすぐにWatchを外してトレイに置く必要があって、少し戸惑う。

変わらず、Apple Watchには満足してるけど、やっぱりseries 4が欲しい!

2018.03.31

Apple Watch 3ヶ月

Apple Watchを3ヶ月ほど使った時点でのレビューを。

相変わらず満足度は高くて、楽しく使っている。

Img_3336最近便利だ(けど今ひとつなところもあり)と思っているのはIFTTTのボタン機能。
iPhoneでは位置情報に連動させて帰宅時間のログをとったりしてたが、完全自動ではなくボタンをトリガにして何かの動作をさせることができる。
ボタンはiPhoneだとウィジェットにIFTTTを追加するとそこで押せるが、WatchだとIFTTTアプリにするとボタンが表示され、デジタルクラウンで目的のボタンを選んで画面を押せば良い。
何かの記録をGoogle SpreadSheetやEvernoteに日付とともに追記していったりすることもできるし、位置情報とともにLINEの指定したグループに送信することもできる。

帰宅するときにこれを押して現在位置とともに家に知らせるなどに使える。
自作の「大人飲み支援LINE bot」に連動するようにしたかったのだが、IFTTTがLINEにメッセージを送信する際には(1)グループにしか送信できない(2)送信者はIFTTTになる、という制約があって、今のところLINE botの開発者アカウントではグループに参加できないみたいで、うまく行かない。

Img_3335対応アプリが少ないと書いていたが、最近見つけた中で気に入っているのが電卓。

それほど使うものではないが、腕時計で計算できるのが何か嬉しい。
ただ、これ昔からCASIOのデジタル時計でできてたけど。

ふと今でもあるのだろうか?と思って探してみたらすごいのを見つけてしまった!
このゴールドウォッチ!これは結構マジメに欲しい(笑)

Img_3337最近、Watch OSが4.3になって、(昔はできてたらしいが)iPhoneの音楽再生に対応して、さらに便利になった!

2018.02.17

Apple Watchとハーフマラソン

IMG_3289Apple Watchのおかげという訳ではないが、初のレース、と言ってもハーフマラソン大会、を無事完走した!

地元の地味な大会と気軽に参加したけど、思った以上に人が多くて驚いた。
スタート位置は自己申告でおおよそのタイム毎で並ぶのだが、スタートしてわかったのは、みんな目標タイムで並んでいるようで、自分よりみんな遅い!これを抜けるのに意外に体力を使ったのか、最後の2kmは完全にエネルギー切れのようになって練習の時よりもかなりしんどかった…。

でも走り終えて、参加者に配られたアミノサプリとバナナが本当に美味しかったし、何より楽しかった。
次はフルマラソン!という気持ちもチラッとあるけど、ハーフでも練習で20km走るとなると2時間は練習に費やすことになり、他にもやりたいことがある中でこの時間がちょうどくらいかも。

さて、Apple Watchだが、前回書いたとおり腕にiPhoneつけて走るより、距離やペースをいつでも確認できるのが便利だった。心拍数を分析して…ということはないけど(笑)後でみて、最後の2kmくらいは心拍も上がってないままエネルギー切れのようにペースも落ちたのはよくわかった。

NikeアプリはiPhone版は腐ってる!と言いたくなることがよくあったけど、Watch版は今のところ全く問題ない。
下はウェブ(PC)でこのハーフマラソンのデータを確認したところ。
ペース(緑)、高度(青)、心拍数(赤)がよくわかる。

Half Marathon

2018.01.13

Apple Watch ファーストインプレッション

IMG_3279セルラーモデルが出たらApple Watchを買って、それだけしか使わない!などと宣言していたこともあって、Apple Watch Series3をとうとう買った!

最後までアルミかステンレス、セルラーモデルにするかどうか、悩んでたが、実物をみてステンレスしかないと思い(理由は後で)、自動的にセルラーモデルになった。

1週間ほど使ってみたので感想を。長いですが。

まず現時点での結論は、すごく満足している。ただ購入する前に考えていたメリットについては思惑どおりではなく、それ以外の部分で予想外に気に入っているという状態。

○思惑が外れたところ、今ひとつなところ:

- あらゆる場面でiPhoneを取り出すよりも簡単に扱えるだろうと思っていたが、電車でつり革を持ったまま使おうとしてすぐに気づいた。「片手では操作できない…」(アホですが 笑)
画面を確認するのは左手を上げるだけでできるけど、そこから何か操作しようとすると右手が必要となる。左手でつり革を持ちつつ右手で操作もできなくはないけど…。

- セルラーモデルApple Watchだけでほぼ完結すると思っていたが(事前にバッテリの都合から長時間iPhoneから離れられないのは知ってた)、意外にApple Watch単体動作に対応しているアプリが少ない。Google MapとかTwitterとかLINEとか、アプリがあると思ってたらいずれも提供されなくなったり、Facebookのように未提供だったり。Apple Watchなんて、まだまだアーリー・アダプターしか使っていない状況なので仕方ないけど。Appleのアプリは当然対応しているので、TodoはGoogleからAppleのリマインダーに乗り換えた。そもそもApple WatchでTwitterとかしたかったわけではなかったのでいいのだけど、もう少し色々とアプリが出てきて欲しい。

- Apple Watchの電池のもちは、だいたい想定どおり。普通の使い方だと2-3日は持ちそう。一方でiPhoneの電池が以前よりは早く減る。BluetoothでWatchと通信しているからだろう。これまで1日使って80%切るくらいだったのが70%は切るようになった。今は問題ないけど電池がヘタってきたらしんどそう。

- 時々落ちる。2日に1回くらい、勝手に再起動がかかっていることがある。

- SuicaはWatchに移行したけど、一度JRの改札で読み取れず(改めてコツッと当てるとちゃんと読めた)、まだ少し怖い。


◯満足しているところ

- ランニングしてることもあって、心拍数を測ってみたいというのもApple Watchを買った一つの理由だったが、やはりこれは便利。20kmくらいをiPhoneは持たずApple Watchだけで走ってみたが余計なものを腕につけずに走れるのは快適で、走りながら距離や心拍数を簡単にチェックできるのも楽しい。ちなみにこの時でApple Watchの電池は44%くらいになったので、フルマラソンをApple Watchだけで走るのは厳しそう。

- 前項に関連して、アクティブトラッカーとしてみたときに色々な指標を提示してくれる。iPhone7でも計測できるものも多いけど、肌身離さず身に着けているApple Watchだからこそのものもあって、おもしろい。

Img_3282- 特にAppleのアプリだが、Apple Watch対応しているものは予想以上に使える。小さい画面だしあまり情報量はないと思ってけど、例えばこの天気予報みたいに1時間毎の予報まで確認できる。他にも予定やリマインダー、株価などもiPhone不要でいける。

- 何より、ステンレスケースとベルトのデザインを気に入ったこともあって機能以前に、腕時計として使ってみたときの満足感が高い。その上で画像が動く文字盤や、前述したような機能が使えるのだから、今のところは本当に満足している。

繰り返しになるが、まだまだいけてないところはあるものの、それを上回る魅力があって、大満足。
ただスマホがいらなくなる、というレベルには到達しておらず(音声インタフェースを堂々と使えるように世間の空気が変わるとまた違ってくるが)、誰にでも勧められるものではない。

そういう点も含めて、iPhone3Gを買ったときのことを思い出させてくれる、ワクワクするものだった。


2016.12.03

ApplePay, Suica

20161203_20_57_02駅の売店でApplePayを使いたい!コーポレートカードも登録したい!ということで、結局モバイルSuicaアプリを入れて会員になって(ApplePayだと年会費無料とのこと)、SuicaをApplePayに登録した。
モバイルSuicaに紐付けるクレジットカードとしては無事コーポレートカードが登録できた。

チャージは必要になるけど、出張の前にアプリ上でクレジットカードからチャージしておけば、iPhone7だけで売店で買い物したり、改札を通ったりできる。
まだ買い物は試せてないけど、改札を通るのは本当に楽。

繰り返しになるけど905SHでできてたこと…。

2016.11.21

iPhone7レビュー

IMG_05841週間使ってみての感想。

一番便利だと思ったのがApple Pay。コンビニで財布を出さずに支払いができるのは快適。「iDで」と言って後はリーダーにTouchIDで認証させながらiPhoneをかざすだけ。指紋認証のセキュリティという部分を除けばすでに10年前に使ってた905SHでできてたことだし、Androidでもとっくにできていたことだろうから今さら感はあるけど。
(コーポレートカードは登録できなかったけど、まあいいとする)

ただ不満は一番使いたい駅の売店でiDがほぼ使えないこと。あの殺気立った雰囲気の駅の売店で素早く支払いをしたい!と常々思っていたのだけど、SuicaやICOCAなど交通系のカードしか使えない…。Suica使っている人は本当に便利やろうなーと思う(ていうか自分も905SHでSuica使ってたけど、もうそのカードがどうなってるかわからん)。

3D Touchはあまり便利さを実感できていない、というより使える局面がまだよくわかってないだけかも。

あ、もう当たり前になって忘れてしまうほどだったが、TouchIDはもちろん便利。今までパスコードを入力していた時間を返して欲しい、と思うほど。

迷ったのはケース。これまでと同じ背面にデザインのあるものにしようと思ったが、せっかくジェットブラックを買ったのだし…と。悩んだ末に背面クリアタイプのにしたが、これだったらジェットブラックじゃなくても背面のツルツルしたカバーにしたら良かっただけではと、カバーなしの状態のジェットブラックは美しかっただけによけいに残念。
後、このカバー、つけると縁が一回り大きくなっていよいよ片手操作は難しい。

2016.11.13

iPhone7

IMG_0583
視力が落ちてきた原因が一時期のIngressやりすぎだったと疑ってて(もちろん加齢も原因だと思うけど)、あまりスマホの画面をみたくなくなってた。
これからはやっぱりウエアラブルやろーとApple Watchを買う気満々だったのだが、Watch2にSIMが搭載されずがっかり。

ところがiPhone5のバッテリがダメになってきて、半日くらいしかもたなくなってしまった。同じ時期に買った娘のiPhone5はさらにひどい(僕のは一度修理してバッテリ交換してくれてたのでマシだった)。

MVNOへの乗り換えも検討したけど、結局iPhone5が使えるMVNOがなく、iPhoneを手に入れる必要があってそれだったらauのままで機種変更した方が当面は得というあまり納得感のない結論になってしまった。

ということでiPhone7のジェットブラックに!

3→4→5ときた機種変更もとうとう6はスキップしてたので、久しぶりの機種変更。iCloudでバックアップとって移行するのが今は一番楽そうだが、無料の容量では足りないのでiTunes経由で移行した。

なぜか、出かける前に慌ててとったバックアップが壊れてるとか言われて、2週間前のデータで復元するしかなかったり(iPhone5は下取りに出したので、復元できないと言われて結構焦った)、古めのアプリは使用を推奨されないためか、復元で戻って来ず別途購入済みからインストールする必要があったりと、元どおりに使えるようにするのが面倒だった。
ショックだったのがApple製のTexas Hold'emがいつのまにか無くなってたこと(2011年に販売中止になってたらしい)。たまーに遊んでたのに。→その後、iTunesとの同期で戻せた。同期はiTunes Match/Apple Music騒動で変になっててやらなくなってたけど久しぶりにやったら大丈夫だった。

後は、Evernoteの2step認証でGoogle Authenticatorを使うようにしていたのに、AuthenticatorからEvernoteが消えてしまってたり、アプリによっては認証やり直しのものもいくつかあって、やはり面倒。

とりあえずApple Payは使ってみようと思うのでセットアップしてみた。

使用感とかはまた追って書こうと思う。

2013.12.29

Kindle Paperwhite

Kindle PWiPhoneでKindleストアやiBook Storeで購入した本を読んでいて、不満なのが専門書を読む際の画面の狭さ。

iPad miniなどタブレットの購入もかなり検討してみたのだが、スマホとタブレットはかぶっている部分が多くて、使い分けられるものか疑問があった。

そこで安い(当時11月末まで1,980円のクーポンがもらえるので実質8,000円)Kindle Paperwhiteをしばらく使ってみて考えることにした。

注文が11月初旬でクーポンがつくのが月末までに発送されることが条件、かつ人気機種のためか2-3週間発送までかかるとのことで、少しヤキモキしたけど無事11月20日にはクーポン登録したというメールが来て、翌日にはKindle Paperwhiteが届いた。

しかし、23日にKindle本を買ったのにクーポンが使われず、確認メールをサポートに送ってみると「すみません、今登録しました」みたいな回答が…。まあいいのだけど。

肝心の使い心地はというと…

○良い点
- 画面はみやすく、読むことに集中できる感じ。
- O'Reillyで購入したEbookもiPhoneで読むより画面が広くなって、読みやすい
- 軽くて電池も長持ちする
- 日替セールスで安くなっていて、おもしろそうな本をつい買ってしまう。普通なら読まない本にも手をだして結果として興味の対象が広がったりしたのはよい体験だった(amazonの思うつぼだけど)。

○悪い点
- タッチ操作は予想してたけど、もたつく。最初はページめくりすらうまくいかず、多少イラツイた。今でもハイライトと辞書操作はストレスがある。
- 新幹線などゆっくり座れる移動時にはよいのだが、通勤電車など片手しか使えない場合はやはりiPhoneで読んでしまう(ポケットに入ってるかどうかが分かれ目だ)。

タブレット検討の結論として、出張に持っていくには便利だが、さっとポケットから出して…ということはできないのでやはりiPhoneとPaperwhiteという組み合わせでよかったのだと思う。

2013.12.16

DiXiM Digital TV for iOSその後

以前書いたが、家のBDレコーダでDiXiM Digital TV for iOSは使える。だけど持ち出しができないので、やはり使いどころがなく、持ち出し機能の実装を待ち続けていた。

この状況がやっと解消された。番組持ち出し機能(BDレコーダからiPhoneに番組を移動)が追加されたのだ!
ただし、これは新たなアプリ内課金アイテムとなり、500円追加となっていた。正直これには納得いかないところだが、仕方ないここまで来たら引き返せない。

ということで、ようやくCSの番組をiPhoneに移動させて、通勤時や出張時の電車の中でみれるようになった。BDレコーダ側で持ち出し番組の作成をしないといけないのが少し面倒だが、溜まる一方のHDDに録画した番組を通勤時などに消化していけるのは大きい。

一方でせっかく買ったKindle PWがこれに負けてしまっている。本も読みたいのに…。