My Photo
無料ブログはココログ

« 一九八四年[新訳版] | Main | ブラックパンサー »

2019.05.05

マイティ・ソー バトルロイヤル

やはり連続してMCU作品をみるのは疲れる…。小ネタ的なところは楽しめた。

以下、ネタバレあり。

途中のハルクがウザすぎたが、最後はちゃんと活躍する。
ヴァルキリーは渋くてよかった(ウエストワールドにも出ていたテッサ・トンプソン)。
浅野忠信演じるホーガンがあっさりやられるのは残念。

覚醒したソーの無双シーンは爽快感はあるものの、オープニングと同じツェッペリンの"Immigrant Song"なのはちょっとひねりがない。

ヘラを演じているのがケイト・ブランシェットというのはなかなかわからない。特に素顔は別人のよう。

一番驚いたのは、アスガルドでの寸劇でロキを演じていたのがマット・デイモンだったこと(笑)
これも気づかなかった!

« 一九八四年[新訳版] | Main | ブラックパンサー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 一九八四年[新訳版] | Main | ブラックパンサー »