My Photo
無料ブログはココログ

« ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス | Main | 一九八四年[新訳版] »

2019.05.04

スパイダーマン:ホームカミング

Columbia Picturesのロゴから始まるMARVELムービーというのがまず新鮮だった。ただ、MCU制覇という目的がなければ見なくてもよかったかな。
悪役のマイケル・キートンは久しぶりにみたが、印象的だった。

以下、ネタバレあり。

地味な友人ネッドはどう見ても足引っ張りキャラだろうと思ってたら、意外に活躍したのが嬉しかった。
対照的にハッピーのダメさには本当にイライラさせられる。

ラストでMJが出たり、旧作へのリスペクト?もあった。
スタークが作ったスパイダースーツはよかった。

« ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス | Main | 一九八四年[新訳版] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス | Main | 一九八四年[新訳版] »