My Photo
無料ブログはココログ

« 天国から来たチャンピオン | Main | グレッグ・イーガン「しあわせの理由」 »

2018.11.25

スケアクロウ

1973年の映画だが、やはりこの頃の映画の熱量はすごい。久しぶりに心にズッシリと来た映画だった。

まず主演二人、ジーン・ハックマンとアル・パチーノの演技がすごい。特にアル・パチーノは「ゴッド・ファーザー」と同時期だけど、前半は全然違う雰囲気でもっと若い頃の作品かと思えた。それがラストにかけて一気に変わっていく。
ジーン・ハックマンも、相当に変わってて危なっかしくて行動が予測できないマックスを、自然にみせていた。

ストーリーはこの二人が移動しながら、いろいろな人や出来事に出会い、二人の関係が変化していく様子を描いたロード・ムービー。二人のキャラクターが素直にではないけど魅力的な一方で、とにかく危なっかしくてどのように話が進むのがわからないのがおもしろかった。

以下、ネタバレあり。

ラストは当時の映画のお約束的な、切ないラスト。これもよかったけど、ハッピーエンドをみたかった。

« 天国から来たチャンピオン | Main | グレッグ・イーガン「しあわせの理由」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スケアクロウ:

« 天国から来たチャンピオン | Main | グレッグ・イーガン「しあわせの理由」 »