« NASのHDD交換 | Main | 2010年 »

2018.08.19

ラ・ラ・ランド

セッションがすごくよかったので、賛否両論あった本作も楽しみにしていた。

以下、ネタバレあり。

ミュージカルなのに、ファンタジーっぽいのに、なぜあのラスト?というのがネガティブな反応だったのだろうか?
これは本当に人それぞれの好き嫌いだと思う。自分はあの切ないところがよかった。
お互い夢を選んだ、ただ夢も選んで二人でいられる人生もあったかも、と想像して後悔している、そんな切なさがあの店の雰囲気とセブの演奏する曲と合わさって、とてもよいシーンになっていた。

あと、ミュージカルにしなくてもよいのでは(それほど歌とダンスのシーンはすごくないよね?)、という意見もあるかもしれない。が、これはミュージカルじゃないと思った。あれは何か狂気じみた世界をかいま見せる演出だったのではないか。いちいちどこか不穏な雰囲気になっていたし。この監督は前作でも狂気をテーマにしていた。

あと、好きだったのは色彩。「汚れた血」やヴィム・ヴェンダースの映画を思わせる色の使い方がよかった。

« NASのHDD交換 | Main | 2010年 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11722/67074777

Listed below are links to weblogs that reference ラ・ラ・ランド:

« NASのHDD交換 | Main | 2010年 »

My Photo
無料ブログはココログ