My Photo
無料ブログはココログ

« July 2018 | Main | September 2018 »

August 2018

2018.08.26

2010年

人生ベスト5には入っている「2001年宇宙の旅」。その続編である本作は、高校時代に同じく2001年ファンの友人と映画館に観に行った。そして、ややガッカリしたことは覚えている。
小説はよかったし、その続編も書かれたのに映画は続編も作られていないのは、やはりこの映画は残念だったのだろうと結論づけていた。

今回、本当に数十年ぶりに観たのだが、思ったよりはよかった。
今でもやっぱり微妙と思うのは短パン姿のロイ・シャイダーが出てくるところで、80年代の軽薄な?香りが漂ってしまうところ。当時、あれほど静寂で硬質な「2001年」とのギャップが許せなかった。(2001年よりも現代に近い感じだったのも違和感があった)
が、そこだけ我慢すると、HALとの別れの部分や、人類に隣人ができた喜びなど、見所はそれなりにあると感じた。

もう一度、シリーズ一気読みしたいが、本が見つからない…。

2018.08.19

ラ・ラ・ランド

セッションがすごくよかったので、賛否両論あった本作も楽しみにしていた。

以下、ネタバレあり。

ミュージカルなのに、ファンタジーっぽいのに、なぜあのラスト?というのがネガティブな反応だったのだろうか?
これは本当に人それぞれの好き嫌いだと思う。自分はあの切ないところがよかった。
お互い夢を選んだ、ただ夢も選んで二人でいられる人生もあったかも、と想像して後悔している、そんな切なさがあの店の雰囲気とセブの演奏する曲と合わさって、とてもよいシーンになっていた。

あと、ミュージカルにしなくてもよいのでは(それほど歌とダンスのシーンはすごくないよね?)、という意見もあるかもしれない。が、これはミュージカルじゃないと思った。あれは何か狂気じみた世界をかいま見せる演出だったのではないか。いちいちどこか不穏な雰囲気になっていたし。この監督は前作でも狂気をテーマにしていた。

あと、好きだったのは色彩。「汚れた血」やヴィム・ヴェンダースの映画を思わせる色の使い方がよかった。

2018.08.17

NASのHDD交換

タイトルで交換と書いたけど、前もってやったのではなく、壊れてしまってからやむなく交換という残念な事態だった。

確かに1週間前くらいから時々、マウントが解除されたりして少し変な動きはしていたのだが、とうとうアクセスできなくなってしまった。NASを再起動するとディスクが空回りするっぽい変な音が聞こえる…。これはHDDが逝ってしまったのだとわかった。

いつから使ってたっけ?と確認すると、もう7年間になってた。24時間365日、動かしっぱなしで、他の機器に挟まれて温度も上がってて環境もあまりよくない中、十分働いたとは思うけど、このタイミングだとこの前の地震も関係しているかもしれない。

NAS自体のバックアップも取ってたけど、もう3年前だった。それもなぜかiTunesのライブラリしか取ってなかった。
ということで、せっせと自炊したミュージックマガジンのデータはなくなってしまった。老後の楽しみにゆっくり読もうと思ってたのに…(きっとそのうちアーカイブDVDとか発売されると期待)。
やはり今度はRAIDにしようかとも思ったけど、むしろクラウドサービス側にどんどん振っていこうと思い、HDDだけの交換にした。

容量は2TBで持て余していたので、同じ2TB、ただメーカーはSeagateからWDに変更。
交換とNASの再セットアップはとてもスムーズ。QNAPの管理GUIも当初に比べると、すごく洗練されていて十分使いやすくなっている。

一番恐れたのがiTunesのライブラリ。NASのHDDにしていたのがなくなったので、新規に作るのだけど以前Music Matchで色々とひどい目にあったので、不安があった。ただ新規にライブラリを作成してiCloudミュージックを有効にしたらあっさりと、本当にあっさりと、先日リッピングしたCDまでちゃんと復元された。
iTunes Match、もうやめようかと思っていたところ、便利さを実感できてしまった。

TimeMachineのバックアップがクラウドにできるようになれば、NASもいらなくなるかな、とも思うけど…。

また、これまで古いHDDを保管していたが、これを機に使えるものか確認した上で破棄することにした。

MacOSX用だとDriveDxが評判良さそうだったので、これでSMART情報を確認した。有料ソフト(無償トライアル期間あり)だけど、これならお金を払ってもいいかも。
結果はMacBook Proに内蔵されていたものを除いて、やはり壊れているという診断。

トルクスドライバーで分解してディスクを物理的に破壊して捨てることにした。

« July 2018 | Main | September 2018 »