« 「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」 | Main | ザ・マペッツ »

2018.06.09

クレイトン・クリステンセン「イノベーション・オブ・ライフ」

クリステンセンと言えばやはり、「イノベーションのジレンマ」だろう。
思えば…と書きはじめて、念のため確認すると、あれ?この本が前職からの転職の背中を押したと思い込んでたけど、読んだのは転職した後だった。

ちょうど、それなりに今後のキャリアについて考える機会があり、また一つの分岐点に来ているので、また何かクリステンセン先生からヒントが得られればと思って読んだのだけど、それについては期待外れだった。

原題は"How Will You Measure Your Life?"で、ハーバードを卒業して華麗なキャリアを重ねた人が、お金や権力、名誉に囚われて道を踏み外してしまうことについて、自分自身の人生を評価するものさしを持つ重要性を説く内容。なので、ある意味ピッタリな本ではあったけど、今の自分に刺さらなかったということは、もう少し夢を追いかけたいということなのか。邦題につけられた、内容と関係のなくマーケティング目的につけられた「イノベーション」に惑わされたのかも。

ただ、自分がそういう気持ちだと認識できたのは一つ収穫だったのかもしれない。

« 「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」 | Main | ザ・マペッツ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11722/66811191

Listed below are links to weblogs that reference クレイトン・クリステンセン「イノベーション・オブ・ライフ」:

« 「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」 | Main | ザ・マペッツ »

My Photo
無料ブログはココログ