« May 2018 | Main | July 2018 »

June 2018

2018.06.25

きっと、うまくいく

笑いあり、涙ありで、3時間弱を長いと感じずに観れた。

現在と過去を行き来しながら、ストーリーが進んでいくのはありがちな構成だけど、インドならでは?のスパイシーなエピソードの数々が面白い。
インドのテレビにも占いコーナーがあるのか?それもやはりインドの神様っぽい装飾で、とか細かいところも興味深かった。

2018.06.17

ザ・マペッツ

知っている人は知っているかと思うけど、僕はカーミットが大好きで、昔はいくつかグッズも持っていた。いい歳になってからのことだけど(笑)、まだどこかにぬいぐるみはあるはずだし、腕時計は娘が最初に持った腕時計のはず。マペットの映画もいくつかはみたけどすでに記憶は薄れていた。

で、この映画も今さらどうなのか?などと思いながらレビューをいくつか見てみると、IMDbでも高評価と低評価がなり割れている印象。なのであまり期待せずにみたのだが、久しぶりの掘り出し物だった!

何よりキャストが豪華。主演が「ママと恋に落ちるまで」("How I Met Your Mother")のマーシャル役のJson Segelに、Amy Adams。そこに本人役でJack Whiteが出ている。
驚いたのが、マペットの主人公のウォルターの人間版で「ビッグバンセオリー」のシェルドン役のJim Parsonsが出てきて、さらに本人役でまたHIMYMのNeil Patrick Harrisまで!カメオ的には「ハングオーバー!」のKen Jeongなんかも出てた。ミス・ピギーの秘書を、「プラダを着た悪魔」で同じような役をやっていたEmily Bluntが演じているのも細かい。

ストーリーは可もなく不可もなく、だけど昔のマペットを知っていると、懐かしさと切なさが感じられるような展開になっている。

バンジョーのセットが置いてある場面では、「あ、あ、あ!」と何か記憶をいじられた気がして、そして最後に歌い上げる"Rainbow Connection"で、昔の映画の冒頭で池の上でカーミットが歌うシーンが蘇ってきて泣きそうになった。昔のブログを探して、この曲はカーペンターズの曲というのも、ようやく思い出した。

IMDbのtriviaもあれこれ面白い。バーバーでの替え歌でコートニー・ラブに訴えられたとか、エルモのカメオ出演予定があったけど契約的にダメだったとか、あえてCGは使わず昔と同じ方法でマペットを動かしたとか(これは本当によかったと思う)。他にもやはりDisney映画となったので、Hidden Mickeyがあったり、WalterはWalt Disneyにちなんだ名前だとか、いうのもあった。

2018.06.09

クレイトン・クリステンセン「イノベーション・オブ・ライフ」

クリステンセンと言えばやはり、「イノベーションのジレンマ」だろう。
思えば…と書きはじめて、念のため確認すると、あれ?この本が前職からの転職の背中を押したと思い込んでたけど、読んだのは転職した後だった。

ちょうど、それなりに今後のキャリアについて考える機会があり、また一つの分岐点に来ているので、また何かクリステンセン先生からヒントが得られればと思って読んだのだけど、それについては期待外れだった。

原題は"How Will You Measure Your Life?"で、ハーバードを卒業して華麗なキャリアを重ねた人が、お金や権力、名誉に囚われて道を踏み外してしまうことについて、自分自身の人生を評価するものさしを持つ重要性を説く内容。なので、ある意味ピッタリな本ではあったけど、今の自分に刺さらなかったということは、もう少し夢を追いかけたいということなのか。邦題につけられた、内容と関係のなくマーケティング目的につけられた「イノベーション」に惑わされたのかも。

ただ、自分がそういう気持ちだと認識できたのは一つ収穫だったのかもしれない。

« May 2018 | Main | July 2018 »

My Photo
無料ブログはココログ