My Photo
無料ブログはココログ

« ファイナル・デッドコースター | Main | 「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」 »

2018.05.05

アメリカン・スナイパー

自分の中ではいわゆる評価不能に分類される映画ではある。
それでも、単純に誰かの、どちらかの立場で何が正しくて何が間違っているかを断じる作品ではないところがよかった。

また、これまで大袈裟に演技する役が多くて本当の演技力はどうなのか?と思っていたブラッドリー・クーパーがとてもよかった。
特に、子供がロケット砲を拾った時に、捨ててくれと祈る場面は本当に泣かせる演技だったと思う。

クリント・イーストウッド作品が「インビクタス」「ヒアアフター」「J・エドガー」「ジャージー・ボーイズ」と物足りないものが続いたのだが、本作は再び自分が好きなクリント・イーストウッド作品に戻ったようで嬉しい。

« ファイナル・デッドコースター | Main | 「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカン・スナイパー:

« ファイナル・デッドコースター | Main | 「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」 »