« April 2018 | Main | June 2018 »

May 2018

2018.05.19

「ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現」

人類の意識レベルが発展するにつれて、社会を支える組織制度も進化していく、現在は「達成型(オレンジ)」パラダイム」(ただその前の段階の「順応型(アンバー)」の日本企業も多い気はするけど)であるが、さらに「多元型(グリーン)」「進化型(ティール)」へと進むことができるという。

とても刺激的な主張で、前半はワクワクしながら読んだのだが、後半はスピリチュアルな方向に話が行ってしまい、ついていけなかった。まだ自分はこの進化を丸ごとは受け入れられないのだろう…。

やはり、つっこみたくなったのは以下の点。
・他に先駆けて進化型(ティール)組織へ移行した企業の成功例が紹介されているが、結局のところ「優秀な人の自主性を重んじて、足枷となる管理を無くした」だけのことではないのか?
・あたかも利益は後からついてきた、みたいな書き方をしているが、ではどうやってサービスや製品の販売価格を決めるのか?市場価格と同じにして、従業員のやる気(優秀さ)で顧客満足度が高い一方で、管理費が削減されているので、利益率が高くて儲かってしまう、みたいな感じなのか?そうとは思えず、結局会社が継続できるだけの利益を設定しているのではないのか?
・全ての企業が進化型に移行したら、どうなるのだろう?

最後の部分は、そもそも現在の資本主義経済の限界が見えてきているなかで、より大きな観点で考えるべきことかもしれない。
そういう刺激を与えてくれる本であることは間違いないと思う。

2018.05.05

アメリカン・スナイパー

自分の中ではいわゆる評価不能に分類される映画ではある。
それでも、単純に誰かの、どちらかの立場で何が正しくて何が間違っているかを断じる作品ではないところがよかった。

また、これまで大袈裟に演技する役が多くて本当の演技力はどうなのか?と思っていたブラッドリー・クーパーがとてもよかった。
特に、子供がロケット砲を拾った時に、捨ててくれと祈る場面は本当に泣かせる演技だったと思う。

クリント・イーストウッド作品が「インビクタス」「ヒアアフター」「J・エドガー」「ジャージー・ボーイズ」と物足りないものが続いたのだが、本作は再び自分が好きなクリント・イーストウッド作品に戻ったようで嬉しい。

2018.05.02

ファイナル・デッドコースター

前作のレビューには1つ観れば十分なんて書いたが、禁断症状(笑)が出て続編も観てしまった。

予想以上に様式美的に同じパターンを踏んでいくのは、制作側もよくわかっているな、というところ。

で、やはりピタゴラスイッチ的な仕掛けでみんな死んでいく。
前回に比べて少し仕掛けがわかりにくい気はしたけど。

とにかく色々と危ないものがあるところで何も考えていない登場人物たちには、危険予知しろや!とツッコミたくなる(笑)

2018.05.01

ゴースト・イン・ザ・シェル

ちょっと密度が薄すぎたか。
桃井かおりの役と演技だけが他の場面と違って印象的だった。

原作はアニメーションの映画をみた程度なので、原作との関係性は判断できず。

« April 2018 | Main | June 2018 »

My Photo
無料ブログはココログ