My Photo
無料ブログはココログ

« キック・アス ジャスティス・フォーエバー | Main | Amazon Echo Dotとスマートホーム(RS-WFIREX3) »

2018.04.21

マンチェスター・バイ・ザ・シー

途中までイギリスのマンチェスターのことだと思って、イギリスにもアメリカと同じ名前の都市が結構あるんだな…などと思ってた(笑)

細かいところまでは忘れてしまったが、壊れてしまった男(ヴィンセント・ギャロ)をひたすら描いたブラウン・バニーを思い出した。ただブラウン・バニーは何の救いもないように感じたが、本作ではリーの甥のパトリックの存在がやがてリーの救いとなり再生につながっていく。

二人の心情の変化が丁寧に描かれていると思ったし、何よりキャストがそれに応えていてよかった。

それにしても、ドーソンズ・クリークの時から好きだったミシェル・ウイリアムズはよい女優になったなぁ。リーと再会する場面は本当によかった。

« キック・アス ジャスティス・フォーエバー | Main | Amazon Echo Dotとスマートホーム(RS-WFIREX3) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マンチェスター・バイ・ザ・シー:

« キック・アス ジャスティス・フォーエバー | Main | Amazon Echo Dotとスマートホーム(RS-WFIREX3) »