« 「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 | Main | 寒い国から帰ったスパイ »

2017.04.15

J・エドガー

J・エドガー [DVD]イーストウッド監督作品なのでみたが、フーバー長官とFBIに関する知識不足もあり、地味な映画という感想。

インビクタスもそうだったが、やはり史実を元にしたものは仕方ないのか。
あと、加齢メイクがどうしても不自然で、コントっぽくみえる。

それでもクライドやヘレンとの長年に渡る信頼と友情はよく描けていたし、それだけに、フーバーに関する知識がもっとあればもっと感動できたのかもと残念。

ヘレンを演じていたのがナオミ・ワッツとは全然気づかなかった。エドガーの死の前後の演技は印象的だった。

|

« 「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 | Main | 寒い国から帰ったスパイ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11722/65153465

Listed below are links to weblogs that reference J・エドガー:

« 「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 | Main | 寒い国から帰ったスパイ »