« November 2016 | Main | January 2017 »

December 2016

2016.12.30

シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神 スペシャル・プライス [DVD]前作と同し独特の雰囲気だけど、さすがに2作目になると飽きる。前作の前と後がそれぞれ描かれているのでパズルのピースを埋めるということではおもしろかったけど。

キャストが変わってしまったが、殺人マシーン、ミホは変わらずカッコいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.24

ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー

どうしようかなぁと思いつつ、評判よさそうだったので長女と一緒に観に行った。
他の作品と単純には比べられないけど、おもしろかった!

以下、ネタバレあり。

今回の作品の一番の特徴は、主人公たちがジェダイとは無縁、普通の能力(それでも強いけど)しか持っていない点だろう。なのでアクションは華麗なライトセーバー・バトルではなく、地道で泥臭いものが中心となる。(場面によってはミッションインポッシブルっぽいところもある)
圧倒的な帝国軍の物量やラストのダース・ベイダーの凶悪さをみると、この任務がどれだけ無謀なものだったのかが実感できて、それだけにこれまでのどの作品よりも、希望のために命をかけた主人公たちの想いが伝わってくる。

そんなに4の直前までつなげてしまうの?と思わないでもない、ラストも見所だった。
まず、ダース・ベイダーの凶悪な暴れっぷりは短いシーンながら、これまでの作品中最高レベルだった。
また、こんなに重たい前日談がダイレクトに4につながったために、もともと結構軽かった4だけど、これまでと同じ気持ちで観れない気がする。

あと、細かいところでは
- K-2は他作品のドロイドとちょっと雰囲気が違う気はしたけど、予想以上の活躍っぷり。
- IMDbのトリビアを読むと、やはり4の直前ということもあり、つながりのあるネタが仕込まれてる。
- レイアとターキン提督にはびっくり。
- 観る前にわかってたけど、フィニアスとファーブのスターウォーズ大作戦で明かされたデス・スターに致命的な弱点が備わっていた理由が、これで正しくなくなってしまった(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.22

スティーブ・ジョブズ

スティーブ・ジョブズ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]もう一つの方をみたのを忘れてもう一度みてしまって、感想も全く同じだった(バラエティ番組の再現映像レベルでみてて恥ずかしい)後で、こちらをみた。

断然、こちらの方がよかった!
ここで描かれているドラマチックなシーンは知らないものばかりだな、と思ったらどれも創作らしい
ただ、ジョブズの性格や実際の人生を反映していると思うし、これこそが単なる再現映像とは違う、実在の人物とその人生をベースにした創作物なのだと思う(ちょっと感動的にしすぎてる部分はあるけど)。

ジョアンナ・ホフマンを演じている女優、みたことあるなぁなどと気になってたが、ケイト・ウィンスレットだとはエンドクレジットまで気づかなかった!この演技は凄かった。この作品のもう一つのみどころ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パイレーツ・ロック

パイレーツ・ロック [DVD]主要登場人物となるDJが意外にたくさん出てくるけど、どれもキャラがはっきりしていて魅力的で、それを演じたキャストもよかった。

話は一部実話を交えながらも、ロック・ファンタジーという感じ。
「ロックンロール!」と叫びさえしてればロック、みたいな雰囲気はどうかと思うけど、アホさは出てる。

ビートルズの曲がかからないのは版権の問題とのこと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.21

高い城の男

原作を気に入ってたこともあってか、第1シーズン全10話を土日で一気にみてしまった(さすがに疲れた)。

原作は設定のおもしろさで読ませるとは言え、そのままドラマにはしにくいし、むしろ設定だけ使って全く別のストーリーになるくらいと思ってたが、予想は半分は当たって、半分はハズレてた。

以下、ネタバレあり。

やはりストーリーは結構変わってる。本はフィルムになり、そのフィルムもあり得たかもしれない唯一の世界を描くものではなく、いくつかのバージョンが存在するようだ。また日独政府に対抗するレジスタンスが出てきて、それらのフィルムの奪い合いが物語の一つの軸になっている。

一方で、登場人物は若干変わりながらも原作と似た立場で出てくるし、原作の場面が違うストーリーの中にとてもうまく散りばめられている。このあたりは、ドラマは原作とも違う世界で、原作の世界もまたフィルムに存在する、とかいう展開もあるのか。

原作ではその世界が我々の世界(歴史)と異なっている理由や、より我々の世界に近いが微妙に違う世界を描く本が書かれたりする理由は明かされないままだが、ドラマではどういうことにするのか、第2シーズンが楽しみ。

ちなみに、怪しい日本描写は当然あるけど、それも異世界の話だと解釈すれば楽しめる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.18

Amazonプライム

お急ぎ便なんてあまり使うことないし、送料も最近はヨドバシ使う方が便利やしなぁ…とずっと見送り続けてきたAmazonプライム。
(ちなみにヨドバシの店舗受け取りシステムは商品によっては30分で指定店舗に取り寄せられたりもするので、出張の合間で予約して来店して受け取れたりする。すごい便利)

ただ、見る時間がないという理由もあってCATVを通常放送だけのコースに変更してから、やはりプライムビデオだけは気になってた。あとたまにプライム会員先行のタイムセールで欲しいものが出てるのも。

で、12/5までの期間限定で初年度会費が1,000円引きというキャンペーンに背中を押されてとうとう入会した。
すると、入会翌日にはAmazon Dashが日本でも開始され、Fire Stick TVもプライム会員価格で入手して、「高い城の男」が日本でも配信開始!
まあ、まさにamazonのシナリオ通りに、「入会してよかった」という気分に浸されているだけですが…。

Dashはまだ欲しい製品のがないので様子見中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.15

ミッション:インポッシブル/ ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/  ゴースト・プロトコル (字幕版)これみてたつもりになってたが、みてなかった!
「ローグ・ネイション」でジェレミー・レナーが出てる!なんて驚いてたけど本作をみてなかったから、少し混乱したのだった。

やはり高所が絡むアクションは手に汗握ってしまう。
本作もおもしろいけど、ローグ・ネイションでさらにおもしろくなってるのは凄いシリーズだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.11

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 [Blu-ray]このゲーム、白黒のMacでやって衝撃的だった。が、これはゲームっぽい雰囲気は残しつつ、安心のディズニー映画。

ほぼスルッとみ終えて、何も残らない。
それにしてもジェイク・ギレンホール、ドニーダーコ、8ミニッツと時間ループ系の映画によく出てる。
(ここまでマッチョなヒーロー的な役は意外だったけど)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2TM 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]前半はスパイダーマンのCGもウソっぽいし、ワンパターンな話だし…、途中で見るのやめようかと思ったほどだったが、後半はそこそこよかった。

以下、ネタバレあり。

CGはマックスの電撃アクションの部分はキレイだった。話はそれでもいつもどおりなのだけど。
ただ、ラスト近くでヒロインが死んでしまうというのは予想外だった。そのあとの復活のシーンは感動的だったので、ここを中心に持って来れば、また違った話になってよかったのでは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.10

ターミネーター:新起動/ジェニシス

ターミネーター:新起動/ジェニシス [Blu-ray]有名なプロットを視点を変えてなぞり始めたところからの、予想を裏切る急展開。
ここまではすごくおもしろかったのだが…。

以下ネタバレあり。

ジョン・コナーが再登場したところから、デキの悪い続編路線を突っ走ってしまう。
アクションも特に目新しいものはなく、ハラハラドキドキはありつつも、どうしてこう何度も何度もスカイネットを潰さないといけないのか、もう無間地獄のようなやり切れなさというかウンザリした気分も湧いてくる。

小ネタとしては、サイバーダイン社はオラクルか!とニヤっとなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.08

映画 深夜食堂

映画 深夜食堂 [DVD]キャストが若干豪華になってる以外は映画だからといってハレになることもなく、TVシリーズの雰囲気そのままなのはよかった。

ただ同じ雰囲気とは言え、深夜にやってる小番組では違和感のなかった若干無理な展開や、そんなことは言わん/せんやろー、と興ざめする場面が、映画ではちょっと気になってしまった。

以下、ネタバレあり。

「ナポリタン」で高岡早紀の口についた食べ物を男がとってさりげなく(という演出なのだと思うけど)食べるところや、多部未華子が女将(余貴美子)に「マスターに恋してるんですね」などと口に出して言うところとか…。

田中裕子のはある意味どんでん返し的な話だが、あの演技はちょっとわからんかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.03

ApplePay, Suica

20161203_20_57_02駅の売店でApplePayを使いたい!コーポレートカードも登録したい!ということで、結局モバイルSuicaアプリを入れて会員になって(ApplePayだと年会費無料とのこと)、SuicaをApplePayに登録した。
モバイルSuicaに紐付けるクレジットカードとしては無事コーポレートカードが登録できた。

チャージは必要になるけど、出張の前にアプリ上でクレジットカードからチャージしておけば、iPhone7だけで売店で買い物したり、改札を通ったりできる。
まだ買い物は試せてないけど、改札を通るのは本当に楽。

繰り返しになるけど905SHでできてたこと…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「生産性」

生産性「採用基準」はかなりよかったので、その著者の新刊ということで読んでみた。

割と当たり前のことが多い気がした。ホワイトカラーの生産性の必要性を説くのにページを費やし過ぎか。

トップパフォーマーの育成やロールプレイング研修など得るものはあったが、総じてこの著者がわざわざ書く必要はなかったのでは?という内容だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2016 | Main | January 2017 »