« September 2016 | Main | November 2016 »

October 2016

2016.10.23

ボビー・フィッシャーを探して

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]いきなりネタバレかもしれないので。

実在のチェスプレイヤーの少年期の物語。
ジョシュは、ボビー・フィッシャーの再来かと期待する周囲とは距離を置いて、チェス以外にも自分のやりたいことに積極的に取り組み、何よりチェスも勝つよりも楽しむことを優先しようとする。
当然、父親やコーチとも衝突していくのだが、そのあたりのそれぞれの心理がよく描かれていたと思う。

実際のJoshua Waitzkinはマーシャルアーツでもトップクラスのプレーヤになってて、すごい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.10.21

ミネット・ウォルターズ「遮断地区」

遮断地区 (創元推理文庫)何かの書評でおもしろそうと思ってて、kindleストアで割引してたタイミングで買ったままほったらかしになってた。

もう少しひねったサスペンス系を期待していたが、そうではなくパニック・ヒューマンドラマといったところか。
カミュの「ペスト」を思い出した。
複数の登場人物ごとに進行する事態が気になって、次々とページをめくってしまったが、構成とか人物はやや普通すぎだったところが残念。

ただ本書は2003年に出版されたそうなのだが、今現在問題になっていることを描いているようにみえるところが驚きだった。階級、人種間の対立、それらを煽る無責任な扇動者…著者の予言というわけではなく世界ではその頃からすでにそういうことが起こっていたのだと気づかされた。次のセリフが印象的だった。

「この社会には煽動家が多すぎるのよ。そして調停する人はあまりにも少ない」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.10.09

町田康「人生パンク道場」

人生パンク道場マジメなものから、少し変なものまで、悩み事に対して、町田康がアドバイスを送っていくという形式の本。

意外に、町田康がマジメに回答しようとしている。悩みの本質へと分解し、それらに対する複数の案を検討し、そこからアドバイスを組み立ていく。ただ、手法は正しいようでいて、途中でどこか変になっていくのがおかしい。
外で読んでると笑いをこらえるのが大変な相談もあった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法」

サーチ・インサイド・ユアセルフ ― 仕事と人生を飛躍させるグーグルのマインドフルネス実践法読むだけでも役に立つし、紹介されてる瞑想方法(どれも比較的手軽なもの)もとりあえず始めてみよう!とは思った。まだ始めてないけど(^^;

並行して読んでたミリンダ王の本との相性は抜群だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.10.02

恋する惑星

恋する惑星 [DVD]どこかアマチュアムービーっぽいし、ストーリーは少女漫画っぽいけど、当時話題になっただけあってキャスト(特にフェイ・ウォン)や映像は魅力があった。

香港の街並みやそこに暮らす人々もよかった。
バーなんかでかかっているといい感じかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.10.01

「ミリンダ王―仏教に帰依したギリシャ人」

ミリンダ王―仏教に帰依したギリシャ人 (Century Books―人と思想)たまたまガンダーラ文化や、仏教とキリスト教の邂逅についてみたり聞いたりする機会があって、その中で「ミリンダ王の問い」という経典のことを知った。
本屋でその経典を見てみたが、これを読むのはツラそう…ということでその解説本のような本書を読んだ。

仏教の中のバリエーションがどうなっているのか、よくわからないけど、ナーガセーナ長老が語る教えはおもしろかった。イメージ的には色即是空的で仏教らしいと思った。すべては現象に過ぎず、我というものは存在しない、という境地に達してみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »