My Photo
無料ブログはココログ

« November 2015 | Main | January 2016 »

December 2015

2015.12.31

ジョン・レノン、ニューヨーク

ジョン・レノン、ニューヨーク [Blu-ray]ビートルズ時代についてはいろいろな本や映像作品に触れて、それなりに詳しいつもりだけど(「ザ・ビートルズ 解散の真実」は未読だが…)、ソロになってからの各メンバーについてはあまり関心もなかった。

ジョン・レノンについても衝撃的な暗殺事件のことはもちろんよく知っているが、そこに至るまでどのような状況だったのかはほとんど知らなかったのだと、この作品をみてよくわかった。

途中でオノ・ヨーコと別れてLAで荒んだ生活を送っていたり、音楽活動でもブランクと言える期間があったり批評家の声に悩んだりと、ただコンスタントにソロの名曲を生み出していたわけではなかった。

それだけにやはりラストの部分は衝撃的だし、残念なことだった。

IMDbのレビューに触れられているAlbert Goldmanの本というのも怖いもの見たさで読みたい…。

2015.12.20

ファッションが教えてくれること

ファッションが教えてくれること [DVD]「プラダを着た悪魔」のミランダのモデルと言われる、VOGUE(US)編集長アナ・ウィンターがVOGUE9月号を制作するのに密着したドキュメンタリー映画。

自分の直感に従いながら妥協せずにズバズバとダメ出ししていくところは予想以上にミランダに近かった。
一流ファッション雑誌の舞台裏もほぼ映画と同じような派手さだった。

2015.12.13

クレイジー・ハート

クレイジー・ハート [Blu-ray]ストーリーとしては既視感のあるものだったが、ジェフ・ブリッジスがよかった。若い頃は軽薄な感じ(時代がそうだったとも言えるけど)だったが、渋いダメ中年にイメージチェンジしてて、本作でアカデミー主演男優賞を取ったのも納得できる。翌年のトゥルー・グリットもよかった。

ジェフ・ブリッジスもコリン・ファレルも歌は実際に本人が歌っているというのは感心した。ただ若きカリスマ・カントリーシンガーを演じるコリン・ファレルのコント感はあかん。

2015.12.06

Apple Music

一生モノのジャズ名盤500 (小学館101新書)以前からJazzはもっとたくさん聴いてみたいと思いつつ、昔ロックにハマった頃のような熱心さで深く掘っていく気力はさすがになく、老後の楽しみに…と思ってた。

Apple Musicのお試し期間中にせっかくなのでと、この本を購入して自分が好きそうなJazzをどんどん聴いてみたら、どれも本当によくて久しぶりに音楽にワクワクした。

ちびちびと聴き進めていく感じで膨大な曲数なので、一通り聴き終わるまで何年かかかりそうな…。

(追記)ちなみに、当然Apple Musicは継続してる。娘にもいろいろ聴いてみろ、とファミリーコースで。

« November 2015 | Main | January 2016 »