My Photo
無料ブログはココログ

« September 2013 | Main | November 2013 »

October 2013

2013.10.27

アウトレイジ

アウトレイジ [Blu-ray]期待せずにちょこっとみてつまらなかったら寝ようと、0時くらいからみはじめてあまりにおもしろくて最後まで一気にみてしまった。

仁義なき戦いとかゴッドファーザーを彷彿とさせるヤクザ抗争もので、はやい展開に裏切りの連鎖と、基本に忠実に作ってある。

キャストでは椎名桔平と意外な雰囲気の三浦友和が印象的だった。

続編もみようと思う。

2013.10.20

じゃりン子チエ(劇場版)

じゃりン子チエ 劇場版 [Blu-ray]関西に住んでた同年代の人はみなわかると思うけど、じゃりン子チエのTVシリーズは中学生の頃見てたし、その後の再放送もやってると何となく見てしまうほど、何か身体に染み付いている。

この劇場版はTVシリーズに先駆けて公開されてたのは知ってたが、みたのははじめてだった。

ラストとヒラメちゃんがいないことを除けば、TVシリーズと同じくテツをはじめとする濃いキャラクターたちがチエの日常を引っ掻き回していくパターン。

何かを主張しているわけでもなく、どうということもないことだけど、何かおもしろい。たぶんこのノリがダメな人もいるとは思うけど。

声優陣がTVシリーズより豪華(小鉄とアントニオの声はやすきよ!だしマサル・タカシは紳助竜介、ぼんちも出てた)だった。でもTVシリーズの方がそれぞれ馴染みがあって好き。TVシリーズ、また全部みたい。

2013.10.14

SUPER 8

SUPER 8/スーパーエイト [Blu-ray]一人だったらみてないと思うけど、娘たちとみるにはちょうどよさそうと思って選んだ(安心の米G指定だし)。

舞台が1970年代後半のアメリカの田舎町ということから、作り手側のノスタルジーのようなものも感じられるが、子供向けに作ってあると感じた。
その分、ストーリーもやや単純な気はしたけど(娘たちも「ドラえもんの映画みたい」と言ってた)、謎からはじまってそれに子どもたちが巻き込まれ、対決していくという形はわかりやすく楽しめた。

2013.10.13

鉄道員

鉄道員 デジタル・リマスター版 [DVD]今さらの初見。
この映画のテーマ曲を、昔父がよくギターで弾いていたのだが、どんなメロディだったかもう忘れてた。ただすごく切ない曲だというイメージだけは残ってた。

冒頭でいきなりその曲が流れて、懐かしさにまず感動。

以下ネタバレあり。

その後の展開が、子供の頃みた昭和の日本のホームドラマ的でこれも懐かしい。家族が抱える問題がふとしたきっかけから表面化していき、それが修復されていくような展開。
ストーリーは違うけど、TBSの「家族」という古いドラマ(記憶を頼りにネットで調べた)が真っ先に思い浮かんだ。ラストまではさすがに覚えてないが…。

バラバラになった家族が大団円に向かって修復されていく様子はまさにホームドラマ的な安心感があって「よかった」という気分になった。

が、やはりヨーロッパ映画をなめてはいけなかった。ラストのサンドリーノのナレーション「ぼくは見せてもらえなかったけど…」以降の急展開が切なすぎた。もちろんハッピーエンドとは言えるけど。

末っ子サンドリーノが大人を無意識にえぐっていく様子はコミカルで、この子役を含めたキャストもよかった。確かに名作。

2013.10.03

ペイルライダー

ペイルライダー [Blu-ray]クリント・イーストウッドがカッコよすぎる、というかカッコよくみせるためだけの映画と言ってもいいくらい。
それを期待してみたので、十分満足だった。

以下ネタバレあり。

それにしてもあのロングコート軍団、いつも重厚な音楽を背負って出てくるくせにあまりに雑魚すぎる。ただし、牧師が他の相手には相手が銃を構えるまで待ってから撃ってたが、こいつらは堂々と?不意打ちばかりだったので、実力はあったということかもしれないけど…。

あと微妙だったのがサラ(母親の方)。もっと美女でもよかったのでは?

追記:
なにげにIMDbのトリビアを読んでたら、牧師は実は幽霊だったとクリント・イーストウッドはインタビューで明かしたとある。タイトルの"Pale Rider"がヨハネ黙示録からの引用で「死」を司る騎士のことともあるので、そういうことなのかな…。

When Stockburn arrives in town, Coy La Hood describes the Preacher to him. Stockburn appears unnerved and says quietly, "That man is dead," perhaps hinting that he had killed him or watched him die before. Clint Eastwood revealed in interviews that his character is in fact a ghost.


« September 2013 | Main | November 2013 »