My Photo
無料ブログはココログ

« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

2009.12.23

急に騒がしく…

先週は2回東京方面の泊まり出張、間の日も近くだけど出張と何かと忙しくなってきた。

寝耳に水のニュースもあって、これからさらに騒がしくなるのかも…。

2009.12.13

イン・グッド・カンパニー

イン・グッド・カンパニー [DVD]前に機内で英語版をみて、日本語訳付でみたいと思っていたもの。

ネット・グローバル=非人間的という短絡的な描き方は気になったけど、地味ながらいい映画だとあらためて思った。
どこがということはないけど好きな映画(キャストがいいのかもしれない)だ。テレビでやってたらまた見てしまうだろう。

2009.12.11

「急に売れ始めるにはワケがある」

急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則 (SB文庫 ク 2-1)これもまた目新しいものはないものの、よくまとめてあって興味深かった。

中でも「背景の力」の説明で紹介された数々の実験がおもしろかった。
「傍観者問題」では発作を起こした人を救出に向かうのは、その場に居合わせたのが1人の場合は85%、4人だと31%であるとか、有名な「模擬監獄の実験」など紹介されている。

2009.12.06

ウォーリー

ウォーリー [DVD]娘たちとみた。

以下ネタバレあり。

オートがHALに似てるなと思ってたら、他にも「2001年宇宙の旅」へのオマージュを示す場面がいくつか出てきた。
セリフの少なさもひょっとして意識してのことか?

エンドロールは確かに驚きだった。

ウォーリーの起動音がMacだったりして、最近のディズニーアニメシリーズの既定路線、「子どもはわかりやすい話で、大人は小ネタで喜ばせる」というのが露骨なのはちょっとどうかとも思った。

iPhoneアプリ

P1000392ここのところ、iPhoneアプリ開発にも前よりはまっていて、仕事にからめて趣味で作ってるものもβレベルには仕上がってきた。

けどまだまだやりたいことがいっぱい残ってる。

2009.12.05

まだまだがんばるVAIO

GALACTICA:スピンオフTVムービー【RAZOR/ペガサスの黙示録】 [DVD]最近出張続きで、先週ははじめて博多に行った。
けど日帰りで打ち合わせ以外に時間もなく、ただ行っただけだった…。

たぶん10年近く使ってた財布の小銭入れのファスナーがとうとう壊れ気味になり、店で小銭を出そうとして開かなくて恥をかくということがたびたびあったのだが、ようやく新しいのを買った!

あいかわらずギャラクティカはおもしろい。スピンオフのRAZORは特にそうだけど、全体的に肉体的・精神的な痛みがリアルに描かれててエピソードによっては見終わったあと嫌な気分になることもあるのだけど。
RAZORでは前作とのつながりも少し描かれてて、懐かしい(といってもほとんど忘れてたけど)サイロンが出てきた。

Ubuntuを入れて復活したVAIO。でもときにはWindowsでも使いたい。
そもそもMacBookProを買った理由が、Windowsで使った時にプチフリが続発して使いものにならなかったこと。

普通プチフリといえばSSDの問題のはずだけど、このVAIO、ハードディスクがカコンとなってマウスポインタも含めてすべての動きが数秒止まる現象が4年ほど前から発生するようになってた。
ハードディスクのせいかな?と思ってたが、Ubuntuで起動したときは何も問題ないしディスクチェックなんかでも何もひっかからない。

で、最近になって気づいたのだが異様に本体裏側が熱くなっていることがあって、よくよくみたらファンが動いてない!
バラしてみようかと、ネジをはずしはじめて今度はファンの隙間のところにぼんやり見えてたのが実はホコリの塊だということに気づく。つまようじでほじくりだしたらファンがギーギーいいながら回りだした!
これでプチフリもなおったし、ファンが回らなくて温度が上がりすぎて何かのセーフティが働いてCPUが止まってたのだろうか?

メモリが少ないので、やっぱり遅いけど、Windowsでも使えるレベルになった!

2009.12.02

クリス・アンダーソン 「フリー <無料>からお金を生みだす新戦略」

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略手法は新しくないものの、情報処理能力・記憶容量・通信帯域幅の向上が「ビット」のコストを0に近づけたためにバランスが大きく変わってきて、フリーを使ったマーケティングもまた変わってきている。そのあたりをうまくまとめて説明してある。

現状、モノそのものの価値は下がる一方で評判や注目といったものの価値が上がっていることはわかるけど、結局は広告なの?というところがまだ釈然とはしない。

どこで儲けるのかという選択肢は実はたくさんある、という気付きがあったことは収穫だった。

« November 2009 | Main | January 2010 »