My Photo
無料ブログはココログ

« September 2009 | Main | November 2009 »

October 2009

2009.10.31

ヴァージン・スーサイズ

ヴァージン・スーサイズ [DVD]ロスト・イン・トランスレーションもそうだったけど、自分の経験の中から似たものを探すのに苦労しないような状況からはじまってファンタジーの世界に漂いだしていく、この感じはやっぱり好きだ。

何かズバッと結論めいたものを求めているとあまりおもしろくないのかもしれない(確かに青臭いところもあるし)。けれど僕はこういうソフィア・コッポラの映画をもう少しみてみたいと思う。

キルスティン・ダンストはここがピークだったのか?と思えるほどよかった。

海外ドラマざんまい

火曜日は島根まで。片道5時間かかった!
水曜は東京。

eo光テレビにしてからというもの、テレビばかりみてる気がする。
今はまっているのはターミネータ サラ・コナークロニクルズとギャラクティカ。

サラ・コナーは第1シーズン一挙放送をみて、今は第2シーズンの週一の放送が待ち遠しい。単純におもしろいのだが、テクノロジーの進化の暗黒面というテーマも取り扱っていてそこで原子爆弾の開発を引いているのがアメリカのドラマとしては意外な感じがする。聖書もよく引用されてるけど、そちらはよくわからない…。

ギャラクティカは以前WOWOWでパイロット版だけ放送されててその続きがずーっと気になっていたもの。
音楽のせいか、映像のせいか、とにかく雰囲気は暗い。派手な戦闘シーンはほとんどなく、緊迫した人間関係とサイロンの謎(こちらは多少ムチャなものもあるけど)で引っ張り続けて一度みると次が気になって仕方ない。

プリズン・ブレイクもかかってるとみてしまったりしてダメだ…。

で、今はとりあえず録画機能なしのSTBでみてるので、録画はDVDレコーダでアナログ経由でやっている(面倒だが)。
出張が続いたのでiPhoneにDVDとかDVDレコーダからネットでコピーしたものを入れてみてたのだが、STBから録画したものはコピー禁止になっていてネットでコピーできない…。

2009.10.28

真実の行方

真実の行方 [DVD]これは何の事前情報や評価もなしにみるべき。

以下、ネタバレあり。

なかなかおもしろかったのだが、エドワード・ノートンの演技がいい!みたいな評価をきいてたのでラストが早い段階で読めてしまったのが残念だった。

2009.10.25

UNICORISMO

ウニコリスモ selected by Shhhhh聴いたことのないすごい音楽を!と思えば思うほど、形式としてほぼ確立されてしまったロックからは離れていってしまう…。

これはアルゼンチンのレーベルのコンピレーション。もう少し硬いな感じだと思ってたけど、陽気な曲が多かった。
ただし、繰り返し聴いてると印象が変わってくるというひねりがあっておもしろい。

陽気なラテンソング風の(3)"Ke Chi Ke Cha"は癖になる。

Joe Henry "Blood from Stars"

Blood from Stars最初、ちょびちょび聴いてたときはよさがわからなかった。

一気に聴き通したときに、ラストの曲がイントロのピアノとあわさってアルバム全体の余韻が迫ってきて、ようやく良いアルバムなんだとわかった。

2009.10.22

Joanna Wang "The Adult Storybook"

The Adult Storybook MV DVD付 台湾盤前から気になっていながら、2枚組のアルバムがwishlistに入ったままだった。2枚組だしはずしてたらなぁ…という気持ちで。

この前ふと思い出して試聴してみようと、検索してみてみつけたのがこのムービー。歌いだしのところで完全にやられてしまった。こんなスモーキーな声だったとは。曲はカバーみたいだけど、すごくいい!
さらにその2枚組から選んだ曲を1枚にして、DVDをつけたバージョンが発売されてたので、今度は迷わず買った(HMVの方が安い)。

これはしばらく聴き続けることになりそう。来日してくれないかな〜。


2009.10.18

Matthew Sweet & Susanna Hoffs "Under the Covers, Vol.2"

Under the Covers, Vol. 2待望の第二弾!
Susanna Hoffsの声はやっぱりイイ。繰り返し聴いてる。

中でもオリジナルも大好きな"Bell Bottom Blues"、"All The Young Dudes"がよかった。
オリジナルではあまり興味のなかった"Maggie May"なんかもよかった。

"Killer Queen"や"Dreamin'"を含むボーナストラックめあてで日本盤を買ったのだが、"Killer Queen"はカラオケっぽくてやはりボツトラックかな、という出来。

2009.10.17

人類が消えた世界

人類が消えた世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)すごくおもしろそうに思えたのだが、読むのが苦痛だった。
もっとSFちっくなものを期待してたところが、真面目に実際の事例をもとに人類が消えた後に何が起こるかを予想していくところが物足りなかった。

ただ、それでも人間がこれまで行った環境破壊の話はどれも怖い。
中でも廃棄されたプラスチックはどんどん細かく砕かれていっても分解されず、粉のような状態で自然界に存在し続けて、多くの生物の体内に入っていくというところは読んでいて息苦しくなった。

チャンプ

チャンプ [DVD]美容師さんから借りるときに、絶対泣ける、嗚咽すらするときいてたので警戒しながらみたけど、やっぱり泣いてしまった。

とにかくTJ(子供)が健気すぎて反則。
前半でダメな父親を明るく支える姿を印象づけた上で、後半でそうはいってもやはり子供、という展開にして涙腺に畳み掛けてくる。
計算され尽くした展開なんだとわかっていても泣けてしまう。

以下、ネタバレあり。

結局のところビリー、アニー、TJでやりなおすことはできなかったろうということで、ビリーが身を引くことを覚悟していたということか。パリ・テキサスと同じような(チャンプの方が先だけど)切ないラストだった。

最初のうちはじゃりン子チエの方を思い浮かべたけど。

2009.10.11

ママさんバレーでつかまえて

以前、お試し(番組たまごとかいう名前だったか)で放送されてた「ママさんバレーでつかまえて」がレギュラー番組になった!

どんな感じになっているのか、とりあえず1回目はみてみる。

バッド・ボーイズ

バッド・ボーイズ 【ザ・ベスト・ライブラリー1500円:2009第1弾】 [DVD]これも美容師さんから借りたもの。
いわゆる暴走する若さ路線のものなんだけど、次に何が起こるのかわからずに引っ張る展開に最後まで引き込まれた。

以下、ネタバレあり。

ラストは僕にとっては清々しいものだと感じた。ミックは何かを奪う虚しさを、多くの犠牲を払ってとうとうわかったのだと解釈した。

ナイフのように尖った(笑)ショーン・ペンのすごみもよく出てた。

風邪とテレビ

歳を一つとったとたんに風邪で会社を二日休んだ。
普通なら休まないほどの熱だったけど、ひょっとして新型インフルエンザだったら外出するのはまずいので熱が上がらないか用心してのことで。熱が下がった次の日念のために病院に行ったけど、熱が下がってるし元気そうなので検査するまでもないだろう、ということになった。
ただ頭痛と何となく身体がダルい状態はしばらく続いた。歳なのかなぁ…。

地デジ対応のテレビを買って2年になる。
家は共同アンテナなので、それが地デジ対応になるのを待つことにして室内アンテナで耐えてきた(チャンネルによっては置き方とか気をつけないとうまく受信できないのがあって、ドラマを録画してみなくなった原因の一つだったかも)。が、紆余曲折あって共同アンテナでの地デジ対応はなくなって各戸で何とかする、ということになったのでアンテナを建てようかと思いつつ工事費が意外に高いし、雨が激しいとみれないこともありそうだし、それならケーブルテレビ系のにしようか、としばらく悩んでた。
結局、eo光テレビにすることにした。ネットの費用も確かに安い(今までがバカバカしくなった)。無事工事も終わってみれるチャンネルも増えてうれしいけど、会社を休んだ二日間ついテレビばかりみてしまった(プラクティスとかほんとにひさしぶりにみた〜!)。気をつけないとますます時間が…。

あとはNiftyをどうするかが問題。このブログの引越し先をみつけないと。画像を外に置いてたら結構簡単に引っ越せそうだけど、そうでないのでチマチマ作業は少しは必要かも。

« September 2009 | Main | November 2009 »