My Photo
無料ブログはココログ

« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

2008.09.25

HEROES

劇中に出てくる日本人キャラクター「ヒロ」が人気とかで、よく紹介されてて一度みたいと思ってたものが地上波で放送されていた(最初の何話かみのがした…)。
最初はわけわからない状態だったが、最近は次の週が待ち遠しい(放送時間がまちまちで、まだ見逃してしまうこともある)。

先週の話(「本当の家族」)はすごい泣けた。
スカパー!だとSeason2もみれるのか〜。

夏のドラマで最後までみたのは「学校じゃ教えられない!」(笑)と「Tomorrow」。
「学校じゃ…」は深キョンめあてでみはじめてツラい1話で挫折しそうになったのを踏みとどまってみてたら意外とおもしろかった。
「Tomorrow」は途中で話を追うのはやめて、緒川たまきのギロ目演技だけみてた。あと「ヤスコとケンジ」は途中で挫折した。

来週からはアグリーベティの次のシーズンも始まるし、テレビばかりみてると時間なくなりそうだ。

2008.09.16

bice "Nectar"

Nectar気がつけば「かなえられない恋のために」を聴きまくっている。
なかでも「ただ恋しくて会いたいなんてね」にやられてしまった。歌謡曲っぽくて懐かしい感じで、さらに間奏で大活躍するストリングスが印象的(ここのインタビューによると最初はもっとすごかったとか)。

で、これはbiceの2001年の作品。「ただ恋しくて〜」とはまた違った雰囲気で、これはこれでよかった。

2008.09.15

トランスフォーマー

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション前半、「話として一本道しかなさそうな単純な話を回り道しながら、それでいてテンポよく展開させていくのはさすがスピルバーグの映画だ。」
と思ってたら後半、「マヌケな人たちが右往左往するだけの映画か、やっぱりマイケル・ベイか」となってしまった(笑)。

高校生の主人公を活躍させようとするから、敵も味方の大人たちもみんな間抜けにしないといけないのだろうけど…。

2008.09.13

酒井穣「あたらしい戦略の教科書」

あたらしい戦略の教科書前の「はじめての課長の教科書」の方は耳の痛いところもあってムッとなるところもありながらも、着目点が類書にないものだと感じられた(そういう意味でもタイトルもうまかった)。

この「あたらしい戦略の教科書」については教科書というような包括的なものというよりはTips集のようで、僕にとっては少し物足りなかった。情報収集の方法などTips集としてみれば参考になるところもあったので、もっと別のタイトルだったらよかったのでは?

とはいえ、そもそも戦略とは何か?なぜ必要か?というレベルすらわかっていない人も(僕の周りを含めて)世の中には多いので、そういう人に読ませたい本ではある。
またすごい上から目線になってしまいましたが…(笑)

iPhone 2.1

待望のアップデート!確かに日本語入力が早くなった。
電池のもちは前回のアップデートで電波のつかみがよくなったのと引き換えに悪くなってたのだが、よくなってるとうれしいな。
あとはAir Sharingというアプリを使ってみたのだがこれがめちゃ便利!PCやMacからiPhoneにファイルをコピーできる。

どれも最初からできてて当然という気もするが、やはりどんどん快適になっていくのは楽しい。

2008.09.06

トリスタンとイゾルデ

トリスタンとイゾルデクラシックは好んで聴くわけではないが、劇的で大袈裟系のはハードロックにも通じるところがあってワーグナーなんかは好きだ。なかでも「トリスタンとイゾルデ」が大好きなので、楽劇はみたことないけど映画の方をみてみた。

ハラハラする場面もあるし、最後は少し泣けたしで悪くはなかったのだが、肝心の音楽に「トリスタンとイゾルデ」は使われてなくてがっかり…。
あともっとファンタジーっぽくてもよかったのでは?とも思った。

以下ネタばれあり。

楽劇では最後はイゾルデも後を追うと何かに書いてあったので、ラストでトリスタンが死ぬところでぐっと来たものがそのまま終わってしまって中途半端に感じた。

やっぱり楽劇をみてみなければ。

« August 2008 | Main | October 2008 »