My Photo
無料ブログはココログ

« July 2008 | Main | September 2008 »

August 2008

2008.08.30

ラブソングができるまで

ラブソングができるまで 特別版このタイトルに主演がヒュー・グラントとくれば当然ベタな話。
それをわかってみれば先が読めようがラストが都合よすぎであろうが、まったく気にならず十分楽しめた。

イントロでのワム!を思わせるPOPの設定(2人組ではなかったけど)とそのPVがウケた。

beck "Modern Guilt"

Modern Guilt
前作"The Information"も最初聴いたときはぴんと来ず、聴いているうちに癖になっていったが今作もそうだった。

聴くたびにそれぞれの曲の表情が変わってくる感じがして、何度も聴いている。

2008.08.28

iPhone 2.0.2

休み明けから忙しかったが、ようやく落ち着けそう。

iPhoneは2度目のアップデートで2.0.2になった。
この前書いた、圏外になっていることが多いという不満が解消された!電波の掴みがよくなったというよりは、単に圏外からの復帰が早くなったという感じだが、通勤経路に圏外区間がある僕にとってはこれがうれしい。

AppStoreではウィズダム英和・和英辞典を購入した。インクリメンタルサーチもついているのでネットで調べるよりさっと引けてよい。
あとはSimplify Mediaは噂通りすばらしい。Macを起動したままにしとかないといけないので僕にとっては実用的ではないけれど、外でMacの中にある曲が全部(購入したものは除く)聴けるというのはすごい。

2008.08.17

iPhone 2週間

iPhoneを使いはじめて2週間の感想。

Safariはあいかわらずよく落ちる。アップデートで改善されたのかどうかも微妙なところ。
でもスムーズなズームとスクロールがとても快適なので、不安定でもiPhone以外考えられないとまで思える(Macと同じく中毒になってるだけかもしれない)。

実家はネット環境がないので、これまではダイヤルアップでつなぐか近くのマクドに行くかしてたが、それがiPhoneですませられるようになったのはとても便利だった。そもそもiPhoneと比べて迷っていたのがEMOBILE+ミニPCだったが実家がサービス圏外だったのもiPhoneを選んだ理由だったし。

心配したバッテリのもちは、ときどきウェブをみる程度なら2日はもつので、許容範囲。

AppStoreのアプリはまだまだこれからという感じ。自分で作ろうともしているので、これは逆に気にならなかったりもする。

ただ一つ、一番の不満がときどき3G圏外になること。前の905SHでも圏外に長くいたときになかなか復帰せず、オフラインモードのON→OFFで復帰させたりしてたが、それよりも圏外になることが少し多いような気がする。
こんな記事も出てるけど、改善されるものだろうか?

2008.08.16

淡路島と帰省

Awaji先週土曜から帰省。ただ帰省がてら旅行をかねて淡路島で1泊することにした。

淡路島は学生時代のゼミ旅行やサークルの合宿、前の会社のレクリエーション(これは日帰り)など何度か来ているがとても好きな場所。中でも好きなのが大鳴門橋がみえる風景。
ということで、その風景がみえる宿を選んだ。少し雲もかかっていたがきれいな夕日がみれた。

Awaji2翌日は淡路ファームパークへ。
コアラみて、前来たときはなかった(と思う)遊園地みたいなところで子供を遊ばせるが、暑すぎて早々に引き上げた。

帰省中は2年ぶり(水不足や例の排水口事故の影響で休んでた)に営業していた近くの市民プール(スーパースライダーや流水プールもあって豪華だ)に行ったり、オリンピックや高校野球をみてのんびりすごした。

2008.08.04

スパイダーマン3

スパイダーマン™3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)2は結構好きだったので期待してみたのだが、どうも展開がワンパターンな感じ。

3作中で一番おもしろくないと思う。

2008.08.03

iPhone購入、メールアドレス変わりました〜

Iphone金曜日、用事もあったので午後から出社にしてその途中、梅田のヨドバシでiPhoneを買った。

全機種あったが、やはり白にした。陶器のようでいい感じだ。
ちょうどソフトバンクのカウンターで両隣にいた人(おっさんと女性)もどちらもiPhoneだった。

(携帯メールアドレスがこれで変わりました。これまでの@k.vodafone.ne.jpの部分が@i.softbank.jpになりましたので、変更をお願いします)

以下、2日ほど使ってみての感想。

・一番感心したのは実はタッチパネルの触りごこち。昔さわってたものは滑りすぎだったし、指でさわると指紋がくっきりついて画面がみにくくなるほどだったと記憶していたが、iPhoneのやつはあまり滑らないので指を滑らす動作もコントロールしやすく、また指紋もつきにくい。
・文字入力は確かに難しい。もちろん少し触っていると慣れてはくるけど、まだまだ遅い。あちこちで指摘されている極端に遅くなる現象もある。後者はバグだと思うのでアップデートでなおってほしい。
・以前使っていた携帯はフルブラウザもなかったし、普通のe-mailも読めなかったので、これらが普通にできることに感動した。あのページがみれたらいいだけなのに…と情報をもとめてわざわざ携帯サイトを検索したりしてたのがばかばかしい(iPhoneだからという感想ではないかもしれないけど)
・まだ電車の中で使うのは恥ずかしい。カバーつけるのは嫌なので剥き出しで使うのでよけいかもしれない。
・Navitimeにムカついて退会してから携帯での乗り換え案内をどれにしようか迷っていたが、AppStoreの駅探乗り換え案内がとてもよくできている(無料)。当面はこれでいこうと思う。
・Safariを含めて、ときどきアプリは落ちる。これもアップデートに期待かな。
・マップアプリは便利。GPSさえつかめれば精度も問題なし。

今のところ、細かい不満もあれこれあるけどそれをよい点が上回っているので、とても満足している。
それでも使う人を選ぶものであることは確かで、現段階では、こういうものに興味のない人にはまだすすめられないけど。

台湾出張その2

Taipei1012日目は仕事。
これが大変だった。想定外のことがあれこれと噴出してきて、その度になんとかしのいだものの、とうとう一つだけどうしようもないものが残ってしまった。
結果的には日程は少しずれるものの何とかはなりそうなのでよかったが、あちこち走り回って日本ともあれこれやりとりして…と疲れた。

夜は現地の会社の人が台湾観光に連れて行ってあげる、とのことで出かけた。
その人のアシスタントという20代前半くらいの女性が挨拶に出てきて、3人で出たのだが担当の人が用事ができたので後はこのアシスタントが案内するのでよろしく!といきなりのむちゃぶり。
今日初めてあったばかりで、仕事の接点もそれほどなく、歳もはなれていて、流暢とはいえない英語で話さなければならない(彼女の方は英語を専攻して外資系につとめているだけあり流暢だった)、と気疲れするシチュエーションだったけど何とか乗り切った

Image121最初、世界一の高層ビルの台北101(101階建てということ)に行って中華を食べ、その後Night Marketに行った。
日本の夜祭りみたいな雰囲気であやしげなものも含めていろんな店がならぶところをたくさんの人が歩いてた。これが祭りとかとは関係なく毎日あるというのがおもしろい。

別れ際に、ミルクティーをおみやげにもらったのだが、白玉みたいなのが入っていてこれがめちゃうまかった。
タピオカティーとかパールミルクティーとかいうものらしい。日本でも売ってるみたいなのでまた飲みたい。

Img_4093次の日は帰国。飛行機まで時間があったので台北中心部をうろついた。ぶらっと国立台湾博物館に入ったら台湾の歴史展みたいなのがやってた。
日本語の解説もあり、写真も日本のものと言われてもわからないようなものが多く、パラレルワールドに来たかのような気分になっておもしろかった。

空港のファストフードっぽい店で食べた小龍包もおいしかった。中国語がまったくわからないので、言葉が通じず困るところもあったけど(博物館で人に話しかけられて、わからないということすら伝えられず困った)、また行きたい。

« July 2008 | Main | September 2008 »