My Photo
無料ブログはココログ

« May 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

2008.06.30

不都合な真実

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディションまずプレゼンの演出のうまさに感心した。

小学生時代の南米大陸とアフリカ大陸の形の類似に気づいた友人の話の伏線や、CO2量が急激に上昇するグラフの説明でクレーンにのったり。

このゴアという人は情報スーパーハイウェイ構想をかかげて、インターネットの商用化による大きな市場を生み出すきっかけを作ったのだが、温暖化ガス削減も次なる巨大市場になりつつある。
情報スーパーハイウェイ構想もメディアが飛びついたが、今度もこういう映画でメディアを巻き込んで、やはり大きな流れを作り出しているようにみえる。

そういう才能がある人なのだろう。

2008.06.29

Flying Lotus "Los Angels"

Los Angeles後輩からWarp Records界隈を聴かされてるうちに、ついにピコピコ教入信か?
歌がほぼ入っていないのに自分でも意外なほどはまっている。

ただし、これはニカというよりはノイズ系としてイケる。
1曲目が"Brainfeeder"なんてタイトルで、いきなり脳に直接ひびくような音が鳴っている。

どの曲も凝ってて、聴いていて飽きない。

Melody Gardot "Worrisome Heart"

Worrisome Heart声も好きだし、曲も聴きやすくて誰にでもすすめられそうな1枚。

落ち着きすぎているので、もうちょっと癖があるとより好みなんだけど。

2008.06.28

ゴーストライダー

ゴーストライダー デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)ガイコツ大好きな僕にとっては、このビジュアルだけで十分しびれた!ガイコツバイクかっこよすぎ。

ただ全体的にコミカルテイストで(あの必殺技とそれにやられた悪人の顔は…)、しかも主人公がニコラス・ケイジというところが惜しかった。青年時代、変身後とどちらと比べてもただニコラス・ケイジだけが「違う」と思えてしまった。
悪魔に魂を売ったからああなったということ?(笑)

以下、ネタばれあり。

最後の戦いに先代のゴーストライダーと並走するところなんかは最高(ライダー1号、2号!みたいな)だったが、そこで先代が帰ってしまったのは少しがっかり。
続編はもっとハードでダークな路線だといいな。

2008.06.24

疲れた…

Image112学生時代以来の軽井沢。といっても夜と朝に宿と駅の間を歩いたくらいで人通りもなくひっそりした感じだった。
長野新幹線も通ってたとはしらなかった。

午前で用事も終えて帰るだけだったのだが、名古屋まで4時間もかかってそれだけで疲れてしまった。
途中、日本三大車窓の一つの姨捨がみれたのはよかった。

2008.06.23

長野へ

Sinonoi今日、明日と長野方面へ出張。

東京周りでいくか名古屋から行くか、ほとんど同じというところで交通の便は悪い。
今は篠ノ井駅で50分の乗り換え待ち…。

駅の中がいいにおいがすると思ってたら、立ち食いそばが駅に溶け込んでいて気がつかなかった。

2008.06.21

大日本人

大日本人 通常盤あまりおもしろくなかった。

以下、ネタばれあり。

芸人をとりまくマスコミや事務所(マネージャ)、大衆へむけた皮肉をこんな映画で表現したかったの?と、そういうメッセージを読み取ろうとする観客をあざ笑うような展開を最後に持ってきてさらに皮肉りたかったのか。単に途中で照れてしまったのか。
それはわからないけど、本当にこの映画撮って楽しかったのだろうか?という疑問が最後まで残った。

ナンセンスものは大好きなので、むしろジャスティス登場以降みたいなのだけでよかったのでは?と思った。

2008.06.15

iPhone SDK

IphonesdkMacを買った理由の一つがこれだったので(買った当初はもう少しiPhone 3G発売は遅いと思ってたけど)、ようやくダウンロードして遊んでみた。

といっても、まだサンプルアプリケーションをシミュレータで動かしてみた程度だけど…。
iTunesでiPhone Getting Started Videosがみれたりして、昔Macでソフト作ってた頃とは全然違う。

2008.06.14

ミドリ「あらためまして、はじめまして、ミドリです。」

あらためまして、はじめまして、ミドリです。ところどころUFO OR DIEを思わせるところもあり、好きな音であることは間違いないのだが…。
ヴォーカルが巧すぎるというかシアトリカルすぎるというか、そういうところが少し苦手。80年代の日本のNewWave系が苦手だったのに通じる。

音としては同じ系統のあふりらんぽと聴き比べてみたが、あふりらんぽの脱力ヴォーカルの方がやっぱり好きだな。

2008.06.11

いかにして問題をとくか

いかにして問題をとくかこれは"Code Complete"に「かつてMicrosoftは新人プログラマ全員にこの本を配っていた」と紹介されていて気になっていた本。

ひらめきに頼るしかないような難しい問題を解くための助けとなる定石をまとめた本といったところか。
ただ訳が古すぎる。最初に出版されたのが昭和29年というのだから仕方ないのだろうけど、読めない漢字もあるし文章は堅いしで読むのに苦労した。

意識せずここに書いてあることは確かにやってるなぁと確認できた。行き詰まったときにでもこのリストをみれるように会社の席にでも置いておこう。

2008.06.10

iPhone

iPhoneなんていかにも目立ちそうで…とこの前のアメリカ出張までそう思っていたのだが、むこうのエンジニアが普通に使っているのをみて(ただしあちらはもともとblackberryを使っている人も多いのでよけいに違和感がないのだが)欲しくなってた。

Felicaはあきらめて東京出張対策はSuicaかPasmoのカードを素直に買おう。ワンセグが一番厳しいかな。稼働率は最近下がっているのだが、スポーツ中継でどうしてもみたいことがあるので。
あとは月々のプランがどういうものになるのか次第か。

2008.06.06

変な事件 ?

今日は日帰りで東京。天気が悪くて嫌だったが、運良く雨にはあたらなかった。

いきの新幹線車内のニュースで「飲み代欲しさに妻の財布の1万円札をコピーした偽札にすりかえた男性逮捕。妻に問いつめられ出頭」(うろおぼえだけど、おそらくこんな感じ)と流れていた。

これだけ読むと、「1万円札をコピーしたという罪で逮捕されたってこと?」「妻はどうしてわざわざ出頭させたの?」「たった1万円をくすねるためにそんなことまでしないといけなかったほど夫は追いつめられてたの?」とこの妻がとても恐ろしい人に思えてしまったのだが、元の記事をみると

「妻の1万円札、偽札とすりかえ飲み代に」

妻は知らずに偽札を使っていたのか…。こうなるとやっぱりこの夫の方がとんでもない(「そもそもなぜ自分で使わない?」)ことになる。
やはり記事の書き方(省き方)一つで、感じることも相当変わってしまうものだ。

それでもなお、ここに書いてあることがすべてなのかどうかも確認しようはないのだけれど。

« May 2008 | Main | July 2008 »