My Photo
無料ブログはココログ

« 父親たちの星条旗 | Main | さくらん »

2008.01.20

善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ スタンダード・エディションやられた。ラストは泣いてしまった。よい映画だった。

以下、ネタバレあり。

硫黄島シリーズと同じように正しいとは思えないことでもやるしかない立場の人を描いているが、フィクションであるため救いのある結末をみることができる。

「ヴィースラーの心変わりがよくわからない」なんていうレビューをいくつかみたけど、僕はそう思わない。
結局のところ人というのは善くあろうとするものなんだと思うから。
彼は信じる国・体制のために尽くすことが善くあることと思っていた一方で、それをこえた善きものとの間での葛藤もあったのだろう。こういうときはきっかけさえあれば決心できるものだと思う。
ただ実際にここまではっきりした行動に移せるかどうかはケースによって異なるだろうが。

自分とさらにクリスタ、ドライマンそれぞれを救うためにギリギリのところで奮闘する終盤はハラハラさせられた。クリスタがつかまった時点で全員を救うのは無理だったと思うのだが、ヴィースラーは本当はクリスタにどうしてほしかったのだろう?

« 父親たちの星条旗 | Main | さくらん »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 善き人のためのソナタ:

« 父親たちの星条旗 | Main | さくらん »