My Photo
無料ブログはココログ

« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

2007.10.31

極道甲子園

竹内力が出てるし、極道が甲子園で野球をやるという木更津キャッツアイの劇中映画「ヤクザ球団」みたいなのを期待してみたのだが、はずした。

極道のドラフトというアホ設定は少し笑えたけど。

X-MEN ファイナルディシジョン

話の内容としてはどうでもいいけど、ミュータントたちの特殊能力の映像はやはり楽しい。
アメリカ出張の飛行機の中で「ファンタスティックフォー銀河の危機」をみたのだが、あまりのひどさにみなかったことにしていたのとは大違いだ。

以下、ネタバレあり。

ただ主要キャラがあっさりと死んだり、いなくなったり(ミスティークが…!)というのは、制作側の都合だったのだろうか?
エンドロールの後の場面も往生際が悪い感じだったし。

2007.10.28

Nintendo WiFi USBコネクタ

過去のエントリから見つからなかったが、実は昔Nintendo WiFi USBコネクタを買っていた。

マリオカートにはまってたころに出張先でもWiFi対戦ができるかな~と思って買ったのだが(会社のPCにNintendo WiFi USBコネクタ用のソフトを入れたのは内緒)、たいていのホテルのネット環境が適合しなくて(CATV系のが意外と多かった)ほとんど使えず、押入れに眠っていた。

最近、会社で開発室が別の場所にできたので移動に便利で開発にも使えるノートPCを買った。
以前まで出張時に持ち出していたLet's Noteに比べて重たいけど、キーボードは広くて打ちやすいのでこちらを持ち出すことが多くなった。今回アメリカにもこっちを持っていった。

ただこのノートPC、当初は出張に持ち出すつもりでなかったため無線LANはつけてなくて、今回の出張でも空港のラウンジでネットが使えず不便だったし、家に持ち帰ったときもケーブルでネットにつなげないといけなくて面倒だった。

そこでこのWiFi USBコネクタを使ってこのPCを無線LAN接続できないかと調べてみると(この製品はそもそもネットにつながっているPCをWiFiの親機にするためのもので、任天堂のソフトではそれしかできない)、こんな記事をみつけた!
最初は任天堂のソフトからドライバだけを抜き出して、インストールしてたのだがやはりデバイスの名前がNintendo..になってしまうせいかBuffaloのソフトから認識されなかったが、ここに書かれてあるようにBuffaloのドライバをインストールできるようにすることで、ちゃんと使えた!

ぐったりと帰国

今回の出張は日程変更でチケットとりにいったのが遅かったこともあり、帰りは関空への直行便がとれずサンフランシスコ→成田→伊丹というコースだった。
金曜だったせいか成田→伊丹でちょうどいい時間の便がやはりとれず、3時間ほど成田で待つことになった。

成田までは飛行機でもよく寝れたし順調だった。
が、伊丹への飛行機は遅れるし、伊丹から天王寺へのバスも遅れるし(高校生軍団が乗るのか乗らんのかはっきりせずにダラダラしてたのに、発車するときに突然どやどや乗り込みはじめたせいだ!)、電車も遅れるしで、家に着いたのは22時前でかなり疲れた…。

土曜日は朝から研修だったけど、一晩寝たらすっかり疲れはとれてた。

2007.10.24

ベリーダンス

昼間は打合せ、夜は後から来たグループと合流してベリーダンスショーがみれるというモロッコ料理の店にいった。

店内は砂漠の中の豪華なテント?みたいな雰囲気で、椅子もあったけど基本は地べたに座って(座布団はある)食べる。店内は薄暗くて独特の雰囲気があった。
食べ物はすべて手で食べる。ベタベタの肉まで手で食べるのははじめてで、手でさわると熱くて食べるのに苦労した。手を洗ってもしばらくはスパイシーな匂いがとれなかった。
ウサギ(といっても食用ウサギらしい)の肉も(たぶん)はじめて食べたが、鳥に近かった。

ベリーダンスショー、出てきたのは予想と違って白人のお姉さんだった。
何曲か踊った後お姉さんが近づいてきて踊らないかときかれたが、無理!断った。

後で踊った人たちをみてると、ゆらゆらゆれてるだけの人もいたし時間も短かったので踊ってもよかったかも…とも思えたけど、はじめてきた店で最初の一人で(ベリーダンスを踊らないといけないのか?と思ったし)、上司も含めて僕より上の人ばかり、という状況ではきつい。

2007.10.23

電車を乗りついで

Bart
今週は月曜から金曜までアメリカ出張だ。

今回は何人かで行くのだが、僕だけ打合せがあって1日早く行くことになった。
車は後から来る人のグループで1台借りることにしたので、サンフランシスコからサンノゼまで電車で行くことにした。上司は「タクシーでいったら?」と言ってたけど到着日には予定がないし、鉄道の旅気分も少し味わってみたかったので。

サンフランシスコとサンノゼの間はカルトレイン(Caltrain)という鉄道が走っているので、これとサンフランシスコ国際空港に乗り入れているBARTとサンノゼ周辺を走っているVTA(これはすでに体験済み)を組み合わせることになる。

問題はそれぞれの接続駅で、僕が持っている古いガイドブックだとBARTとカルトレインは接続駅はなくて途中歩かないといけないとのことだったが、あれこれ調べてたら(タイミングよくNavitimeでNavitime Globalというサービスが12月まで無料で使えるとのことで使ってみたが、まったく使えなかった…)何年か前にBARTが南に伸びてMillbraeという駅でカルトレインに乗り換えられるようになっているらしい(BART車内の路線図では東からのルートでそのままサンノゼまで延長する路線が計画中となっていた)。
カルトレインからVTAへの乗り換えもMountain ViewかSan Jose Diridonのいずれかで乗り換えできるようだった。

Sfmoma
思ったよりも簡単そうだったので、せっかくなので空港から一度サンフランシスコ市街へ出て観光をしてから行くことにした。
ただ今回、飛行機でよく寝れてたのが中途半端なところで目が覚めてしまったためか、その後ヘロヘロな状態になってしまった。着陸前にはマシにはなったけど、あまり元気がなかったのでとりあえずサンフランシスコ近代美術館だけ行くことにした。
美術館では好きなAndy Warholの絵も2-3枚もみれたし、知らなかったけどJoseph Cornellという人の作品も小学生の工作チックなのがいっぱいあっておもしろかった。
空港にも出店しているStoreは当然こちらの方が規模も大きく、あれこれみてるとあっという間に時間がすぎた。

Caltrain
これ以上歩き回るのは無理、というところでようやくサンノゼへ向かうことにした。本当はこのあたりで昼飯を食べたかったのだが、とにかく疲れていて早くホテルに行きたい気持ちが勝ったのだった。
カルトレインは車で走っているときに踏み切りで遭遇するだけで貨物列車みたいないかつい車体が印象に残っていたのだが、Millbraeの駅で遭遇したのは大阪モノレールみたいに広告で派手にペインティングされたものだった(先頭車両とかはほんとに大型トラックぽくてやっぱり貨物列車みたいだけど)。

Caltrain_seat
中は2階構造になっていて、しかも2階というよりはロフトみたいに、真ん中の空間は吹き抜けで1列の席がその両側についているというようなものだった。自転車を置ける車両があるのもさすがカリフォルニア?

VTAもそうだったが、カルトレインも改札は用意されておらず、自主的に切符を買うような雰囲気なのだが、カルトレインは検札があった。車内で買う場合はペナルティとして1$余分に払わないといけないらしい。

チケット販売機は以前VTAのは変わってると書いたが、カルトレインはこれと同じで慣れれば同じ感覚で帰る。BARTも基本は似た感じだが、チャージが可能な磁気カードが使えるので少し違う。ただボストンの地下鉄と同じなのでやはりそれを知っていれば戸惑うことはない。
日本のものとかなり違うことは間違いないけど。

ホテルについたらもう外に出る気力がなかったのでピザを頼んだ。が、やはり小さいほうを頼んでもありえない大きさ…。ビールは近くに新たにできたSeven-Elevenで買ったのだが、これもでかい。
半分以上は食べられなかった…。

2007.10.17

エリカ様にはなれず

先週:
次のバスが来るまで時間があったので、回数券を買おうと販売機に5,000円札を入れたのに無反応。
「とりけし」ボタンを押しても同じ。
仕方ないので横にあった故障時連絡用とある電話をとって呼び出してみると、「10分くらいで行きます」。

2本ほどバスが行き過ぎるのをイライラしながら待ってたらほんとにちょうど10分くらいにおっさん二人が車でやってきて、「おかしいな…」とかいいながら販売機を復旧させようとするがモタモタしてる。
「早くカネを返すか、回数券渡すかしてくれ!」という僕のムカつきオーラを感じたのか、あわてて回数券を出してきた。

急いでいたわけではなかったのでよかったのだけど、腹立たしかったのはおっさんの到着を待っている間に3人ほど回数券を買いに来た人がいて、それらの人に僕が「これ壊れてるんです」と説明しなければいけなかったこと。
しかも気持ちとウラハラに笑みを浮かべて…。

やっぱりエリカ様はすごいと思った。

月曜:
NHK BSではじまった「アグリー・ベティ」がおもしろい(といいつつエピソード2はいきなり見逃して、今回はエピソード3)。「アリー」みたいなの、と言ってしまえばそれまでだけど、「アリー」の最初の状態よりもさらにどん底度が高い。
あと、「アリー」は法廷もので1話完結スタイルでもネタが豊富にあったけど、「ベティ」の方はファッション雑誌が舞台なのでそのスタイルではなく全エピソードを通じた謎なんかが設定されている。

火曜:
アンテナの見積りをみて思ったよりも高かったので、共同アンテナが地デジ対応になるのを待つことにした。
そこで室内アンテナがamazonで安かったので買った。
届けに来た宅配便のおっさんが嫁さんに「これ何?」と聞いたので「地上波デジタルのアンテナ」と答えたら「…全然わからん…」といって帰っていったそうだ。
綺麗に全チャンネル入ったので、めでたく地上波・BSともにデジタルでみれるようになった!

水曜:
今日は田舎ツアーだった。和歌山の方と兵庫の中央あたり。1日で両方というのはちょっとしんどい。
やはり田舎はのどかで人もあたたかい。
行き先の場所のことを食堂できいてたら、そこの人が「送ってってあげる」と車を出してくれたり。
帰りの電車は高校生だらけ。電車の床に座り込む女子高生たち。
「スロットやる金があるならだせよ!」とかと携帯に向かって怒鳴っている高校生。
やけに騒然とした車内で、外ののどかな風景と対照的だった…。

来週に延びたアメリカ出張、帰りは直行便がとれず。成田経由となった(しかも微妙な待ち時間だ)。

2007.10.14

赤福

昔は「赤福だけ食べて生きていければいいのに」と思ってたほどの赤福好きだ(幼なじみもまったく同意してくれるほどの赤福好きだった)。
今でも好きだけどさすがに赤福だけでいい、とまではいかないけど。

定量的な部分での嘘での法律違反に関しては批判されても仕方ないとは思うけど、法律の範囲内であっても確信犯的にユーザをひっかけようとしているモノって食品に限らずいくらでもある(一般的な使用条件とはかなり違う条件下での数値とか)。

何度も何度も「だまされた!」と大騒ぎする前に、そういうものを疑うことを学んだ方がいい。

それにしても冷凍パック赤福があるなら、それも売ってくれれば毎日赤福が食べられるのに…。

2007.10.09

スティーブン・キング 8つの悪夢

スティーブン・キング短編シリーズ 8つの悪夢(ナイトメアズ)コレクターズ・ボックス(3枚組)クオリティが下がっても「世にも奇妙な物語」はみてしまう僕にとってはとてもおもしろかった。
「バトルグラウンド」、「ロードウィルス」はいかにもスティーブン・キングという感じでおもしろかったし、コメディタッチの「解剖室4」や、シャイニング(スティーブン・キングが監督した方)に出てたスティーブン・ウェバーが出てきてうれしかった「いかしたバンドのいる街で」も楽しい。ジミヘンは全然似てなかったけど…。

2007.10.08

テレビ

テレビが薄かろうが大きかろうがフルハイビジョンであろうが、それほど欲しいとは思ってなかったが、デジタル放送はみたい(ワイドだし映りが悪いチャンネルとかないだろうし)と思ってた。
だから今のテレビ高すぎ!という感覚がぬぐえなかった。
しかも今住んでいるところは共同アンテナ方式で、これを地デジ対応させるのに自治会で結論が出ないままグダグダしていて、これもテレビの買い替えに踏み切れない理由の一つだった。

が、テレビの調子が悪くなって一気に買い替え欲が出て、とうとう薄型テレビを買った!

液晶、プラズマどちらにしてもかなり激しいトレードオフがあることに悩んだ末に、子供がいるので目が疲れなさそうなプラズマにした。
どのみち今後もしばらくはモデルチェンジごとに今までの欠点を直しました!みたいなのが最大の特徴というだけでバカ高いフラグシップモデルが出てくるだろうから、それが落ち着くまでのつなぎと割り切って価格は手ごろなもので、ついでに次世代のディスク規格もまだすっきりしてないこともあり、これも割り切ってHDD内蔵しているものを、となるともう1機種しかなかった。

画質はほぼ満足。液晶で静止画をみたときのものすごい高精細な画面も嫌いじゃないけど、落ち着いた画質はなんとなく安心感がある。明るさもうちのリビングでは問題なし(機種を決めてから買いに行った店ではなぜかとても明るい場所で液晶の隣においてあって、それをみるとさすがにまた迷ってしまったけど)。
あとはプラズマの欠点とされる焼き付きがどういうものなのか、というのが気になるところか。

内蔵HDDは楽でいい。けど、以前実家に買ったやはりHDD内蔵の東芝のREGZAに比べると機能がシンプルすぎてちょっと物足りない気もした(REGZAはレコーダともある程度操作が似てたし、番組表が細かくてすごかった)。

問題は共同アンテナ。地デジが入る上で、多チャンネル対応させるかという付加サービスの部分でグダグダやっているのかと思ってたら、アンテナレベルが低くて地デジが入らない…。
BSアンテナはあったのでBSデジタルはみれてるが、地上波はアナログでみてる。

やっぱりアンテナ立てないとダメか…。

義父のPCとか

義父のPCが調子が悪くなり、年賀状のシーズン前に買い替えたいとのことなので通販で買って(NECのにした)セットアップ&データ移行をした。

それにしてもVista…、実用面ではまだわからないけど見た目やさわった感じではまったくワクワクこない。
Microsoftは本当に大丈夫だろうか?
僕が使っているVAIOもそろそろ買い替えたいところだが、Vistaは嫌だな。けどMacで会社の仕事までやろうとするとあれこれ面倒だし。

義父がインターネットをやめてしまっているのでプリンタのドライバとかのVista対応状況なんかもすぐには調べられない。
ユーザ登録も実質インターネット経由前提みたい(メールアドレス必須とか…)で、安心して義父のような人がインターネットができる環境というか機器があればと思う。

さらに義父が最近まで使っていたウォークマン(カセットテープだ)もつぶれてしまったので、シリコンオーディオプレーヤも買うことに。ネットにつなげない→WMPかエクスプローラで使える&何かあったときにサポートがしっかりしている→国内メーカー&安い、という条件で近所の店にあったgigabeat U(ダイレクト録音もできるのだった)を選んだ。

なぜかPCに挿してもドライバのインストールに失敗して、変える時間になったのでまた日をあらためて調べようと思ったところでダメもとでPCの前面ではなくて背面にあるUSBポートに挿したらなぜかあっさりと使えた。

2007.10.04

まったり週間

月曜からアメリカ出張の予定だったのだが、今回の出張の一番の目的だった会議が先方の事情(これはやむを得ない)によって急遽延期となり、出張もキャンセルとなった。
そのまま行ってもよかったのだが、延期の期間が短い場合も考えてそうなった。

午前中に会議があったので、出張の準備をして会社に行ってからの決定だったのでかなり気がぬけた。

おかげで何も予定を入れていない1週間を迎えることになり、まったりと過ごしている(すぐに会議とかは入ってきたけど)。

« September 2007 | Main | November 2007 »