« 2006年映画ベスト10 | Main | さよなら2006年 »

2006.12.31

2006年ベストアルバム

いろいろ聴いたものの、感動するほどのものには出会えなかった。
Broadcastはよかったけど、決して新しい音楽ではないし…。

1.Matthew Sweet and Susanna Hoffs "Under The Covers Vol.1"
音楽的にどうこうという要素はまったくないけど、とにかく楽しくてよく聴いた。Vol.2を心待ちにしている(あるのだろうか?)。

2.Beck "The Information"
クオリティは高い。聴きこむほどに味がでた一枚。

3.Badly Drawn Boy "Born In The U.K."
今もよく聴いている。いいアルバムだと思う。

4.Johnny Cash "American V: A Hundred Highways"
静かな中にはりつめた緊張感みたいなものがある。

5.Judee Sill "Dreams Come True"
今年のアルバムじゃないのだけど、ジャケットも含めてすごくよかった。

他には、ZAZEN BOYS IIIや次に期待のThe Automatic "Not Accepted Anywhere"が印象に残った。

|

« 2006年映画ベスト10 | Main | さよなら2006年 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11722/13276806

Listed below are links to weblogs that reference 2006年ベストアルバム:

« 2006年映画ベスト10 | Main | さよなら2006年 »