« ガラスの仮面 | Main | 2006年ベストアルバム »

2006.12.31

2006年映画ベスト10

前半はわりと会社帰りにミニシアター系の映画をみに行けたが(はずしたものが多かったのだが)、後半はバタバタして行けず、WOWOWのも録画するばかりであまりみれなかった。
そのためランクインしたものは前半にみたものが多いし、決定打というものがなかったので選ぶテンションも低かった。
来年こそはもっと映画をみにいこう。

1.マッチポイント
映画としてもおもしろかったし、スカーレット・ヨハンソンもよかったので。

2.エターナル・サンシャイン
ラストのBeckの"Everybody's Got To Learn Sometime"のところで泣けた。

3.真夜中の弥次さん喜多さん
ところどころあったつまらない場面がなければもっとよかったはず。

4.ミリオンダラー・ベイビー
二度とはみれないと思えるほどに心には残った。

5.イン・ハー・シューズ
いい映画だった。どうしても家族ものにはホロリとさせられてしまう。

6.ネバーランド

7.ライフ・アクアティック
こういう変な映画をもっとみたかったと思う。

8.コープスブライド
エミリーの表情には人形とは思えない何かがあった。

9.エイプリルの七面鳥
思わぬ掘出物だった。ラストがよかった。

10.モンスター
今年のベスト10は暗いのが多かったなと思いつつ。

他には、映画としては評価できなかったがTHE LONG SEASON REVUEは今年みた映画としてははずせない。

|

« ガラスの仮面 | Main | 2006年ベストアルバム »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ウクレレさん、
あけましておめでとうございます!

エイプリル、ミリオンダラー、モンスターなどなど、印象に残った作品がいくつかランクインされているので何だか嬉しくなりました。

昨年は私も観る本数が減ってしまいました。幸運なことに決定打な1作品に出会えて満足は満足なんですけど・・・ベストとしてどれにしようか悩めるくらいの映画作品選びを年間に渡ってしていきたかったです。

マッチポイントも去年のうちに観ておきたかったなぁ・・・2月上旬のレンタル開始が待ち遠しいです。

あ、今年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: aju | 2007.01.02 at 11:56 PM

ajuさん、あけましておめでとうございます。

ajuさんの映画をみるペースはすごいと思ってましたが、それでも減ってしまってたのですね。お互い今年は増えるようがんばりましょう!
(「ココシリ」はすごくみたくなりました。)

今年もよろしくお願いします!

Posted by: ウクレレとりっぷ | 2007.01.04 at 08:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11722/13275773

Listed below are links to weblogs that reference 2006年映画ベスト10:

« ガラスの仮面 | Main | 2006年ベストアルバム »